このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年2月28日イベント・キャンペーン関連

「なら大和路探訪 飛鳥キャンペーン」を実施

明日香村
明日香村観光交流活性化事業実行委員会
近畿日本鉄道株式会社
西日本旅客鉄道株式会社
奈良交通株式会社

 明日香村、明日香村観光交流活性化事業実行委員会、近鉄、JR西日本および奈良交通は、奈良大和路への旅客誘致の一環として、共同で「なら大和路探訪 飛鳥キャンペーン」を平成24年4月1日(日曜日)から6月30日(土曜日)の3カ月間、実施いたします。
 このキャンペーンは、今年が古事記編纂(へんさん)1300年にあたることから、天武天皇(てんむてんのう)が古事記の編纂を命じたとされる伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)ほか、数々の史跡が点在する飛鳥エリアに焦点をあてて実施します。

 主要イベントとして、6月9日(土曜日)に「大化の改新」をテーマとした飛鳥の地元劇団「時空(じくう)」による公演会、6月10日(日曜日)には、「日本書紀と木簡(もっかん)からみた飛鳥の都 斎明(さいめい)・天武(てんむ)・持統(じとう)天皇の宮殿」と題して奈良県立橿原考古学研究所 主任研究員 鶴見泰寿(つるみやすとし)氏による歴史講演会を実施します。また、6月23日(土曜日)、24日(日曜日)には、飛鳥ブランド認定のスイーツなど飛鳥の特産品をお楽しみいただける、「飛鳥スイーツ&グルメフェスティバル」を開催します。

 なお、キャンペーン期間中の土休日(29日間)には、近鉄・JR桜井駅から石舞台までの路線バスを計232本増便し、現地までのアクセスの充実を図ります。

 この機会に、飛鳥を訪れていただき、飛鳥古来の歴史や食を通して古代ロマンの世界をお楽しみください。

詳細

飛鳥エリアの紹介
 飛鳥は、奈良県中部に位置し、聖徳太子(しょうとくたいし)が摂政(せっしょう)として政治を行ったほか、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)(後の天智(てんち)天皇)が大化(たいか)の改新(かいしん)(乙巳(いっし)の変(へん))で蘇我(そが)氏を倒したことなどから、飛鳥時代における政治・文化の中心地とされています。石舞台古墳などさまざまな史跡が点在し、「古事記」、「日本書紀」、「万葉集」によって、訪れる人を神話や古代ロマンの世界へといざないます。

※注釈 詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 153キロバイト)

飛鳥 石舞台古墳
飛鳥 石舞台古墳

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ