このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年2月20日グループ会社

『ありがとう113系 阪和色ツアー専用貸切列車乗車プラン』発売
“ブルーライナー”40年に渡る活躍に終止符

株式会社日本旅行

 株式会社日本旅行は、「ありがとう113系阪和色(はんわしょく)」ツアー専用貸切列車乗車プランを発売します。
 113系阪和色の車両は、1972年から約40年に渡り阪和線や紀勢本線で活躍しました。また一時期、同系色の車両が東海道・山陽線の「新快速」でも活躍したことから、京阪神地区から和歌山地区の方々にとって、このグレー地にライトブルーの塗色はとても馴染み深いものとなっていました。
 113系阪和色の車両の最後の運行となる今回のツアーでは、天王寺から和歌山県の周参見(すさみ)まで、同車両にとって馴染み深い181キロメートルをゆっくりと往復。皆様方には113系阪和色車両での最後の春の旅をご堪能いただきます。

ありがとう113系 阪和色 天王寺⇔周参見 天王寺⇔周参見 ありがとう113系 阪和色

詳細

◆113系阪和色車両について◆
 1972年(昭和47年)に阪和線で運転を開始した113系にライトブルーの帯の塗色が採用されたのが最初。
この塗色は通称「阪和色」と言われる。同時期に東海道・山陽線で運転を開始した153系新快速ブルーライナーにも同様の塗色が採用されたことから「ブルーライナー色」とも言われる。その後、東海道・山陽線では新快速の117系への置き換えにより、この塗色が消滅したが、阪和線では113系が約40年に渡り活躍。
 しかし、近年、223系や225系などの新型車両の増備に伴い、その活躍の場は次第に狭まり、昨年の12月10日を以って定期運用から離脱した。今後は、他線区へ転用され、他の塗色へ変更される予定。

113系 阪和色車両
113系 阪和色車両     撮影:佐々木修宏

※注釈 乗車プランの詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 1,915キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ