このページの本文へ移動

ニュースリリース

2011年12月29日
ご報告

山口線特急車両の運転席反対側のドア開きの事象について

詳細

1 発生日時
 平成23年12月29日(木曜日) 午前9時10分頃
 
2 列車名
 特急スーパーおき2号 3両編成 乗客約160名
 新山口駅(午前8時51分)発  米子駅(午後1時3分)着

3 概況
 12月29日、上記列車が山口駅を発車した後、車掌が巡回中にお客様より、2両目の運転席反対側のドアが開いた旨の申告があり、当該車掌が直ぐに閉めました。
 付近にお客様はおられず、お客様のお怪我などの申告はございませんでした。
 当該ドアは乗務員専用のドアで、通常お客様は当該ドアから出入りすることはありません。

4 影響
 列車運行への影響はありません。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択