このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年12月27日ご報告

山陽線海田市駅、山陽新幹線東広島駅 お客様の個人情報が記載された帳票を紛失した事象について

 山陽線海田市駅、山陽新幹線東広島駅の2駅で、クレジットカードをご利用いただいた際の売上票(駅控)(以下、「売上票」といいます)の一部を紛失している事実が判明いたしました。
 お客様の大切な個人情報を紛失し、ご迷惑をお掛けしました。今後、同じような事象を発生させないよう、再発防止に努めてまいります。お客様にはご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

詳細

1 紛失が判明した経緯
 平成23年11月以降、お客様の個人情報が記載された帳票の管理状況に関して、駅において定期的な点検を実施しました。その結果、本来保管しておくべき売上票が紛失(誤廃棄処分と推定)していることが判明しました。

2 売上票に記載されているお客様の情報
・お客様のお名前(ご署名)
・ご利用になったクレジットカード会社の略称
・下3桁が非表示(xxxで印字)のクレジットカード番号
・お取引金額、お取引内容の一部(主な乗車券類の種別、区間など)、お取引年月日

3 誤廃棄処分したと推定されるお客様の情報
 海田市駅:平成19年2月分 約900件
 東広島駅:平成18年10月および11月分 約6,600件

4 原因
 海田市駅については、平成23年6月、東広島駅については、平成23年2月に保存期限の過ぎた帳票類等の廃棄作業を行っていたことから、その際に誤って他の帳票類とともに、廃棄処分されたものと推定されますが、証跡が残っていないため行方が分からない状態となっています。
 なお、売上票は鍵をかけている倉庫や書棚に保管し、一定の期限毎に注意を払って廃棄を行っていることから、記載されていたお客様の個人情報が第三者に持ち出され、悪用されることはないと考えております。

5 お客様への対応
 お客様からのお問い合わせにつきましては、以下の窓口でお受けいたします。

 【個人情報お問い合わせ窓口】 
 JR西日本 広島支社 営業課 0570ー055ー016(平日のみ 9時30分から17時)
  
6 対策 
 当支社全駅に発生した事象について周知を行うとともに、個人情報を厳正に取り扱うことと、保管の重要性と廃棄方法について再度、社員への指導・徹底を図り、再発の防止に向けて取り組みます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ