このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年11月21日ご報告

呉線 電車室内の点検蓋落下について

詳細

1 発見日時
 平成23年11月21日(月曜日)午前7時50分頃 

2 発見場所
 下り普通電車 車内の後から2両目(8両編成)
 糸崎駅 6時03分発 広島駅 8時26分着
           
3 概況
 本日、午前7時50分頃、呉駅で降車されたお客様(男性)から「車内のカバーが落下していた」と申告がありました。
 連絡を受けた車掌が確認したところ、車内の天井付近の点検蓋が落下しているのを発見しましたが、取り付けが困難であるため運転室に持ち帰りました。
       
 ※注釈 これによるお客様のお怪我などの申告はありませんでした。
 ※注釈 付近を確認しましたが、他に落下したものはありませんでした。

 【落下したL字形アルミ製点検蓋】
 1個(縦51センチメートル、横30センチメートル、高さ27.5センチメートル)重量約2.2キログラム

4 原因
 点検蓋を留めているネジが緩んだためと思われます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ