このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年10月20日列車の運行

東海道・山陽新幹線から来春300系が引退します

東海旅客鉄道株式会社
西日本旅客鉄道株式会社

平成4年3月14日に「のぞみ」としてデビューし、最高速度270キロメートルでの高速運転実用化の道を開き、約20年間もの間多くのお客様に親しまれてきた「300系」車両が、平成24年春をもって東海道・山陽新幹線から引退します。
平成19年度から今年度にかけて進めてきたN700系の集中投入で、東海道・山陽新幹線の16両編成車両が700系・N700系に統一され、より一層の省エネルギー化が進むとともに、ダイヤ設定の柔軟性の向上、列車遅延時の回復力向上も可能となります。
最終走行にあわせた引退イベントなどの実施については現在検討中です。

詳細

1 300系投入から現在までの経過

※注釈 300系の変遷については別紙1をご覧ください。(PDF形式 16キロバイト)

・平成4年3月 「のぞみ」として営業運転開始
・平成5年3月 「のぞみ」が山陽新幹線区間に乗り入れ開始
・平成15年10月 品川駅開業にあわせ、平成11年に登場した700系と共に、東海道新幹線内の全列車時速270キロメートル化を実現
・平成24年春 東海道・山陽新幹線から引退

2 300系車両の特徴
JR発足後、初めてデビューした新幹線車両で、東海道新幹線の従来の最高速度(0系・100系)の220キロメートルから270キロメートルへ大幅に速度向上し、東京~新大阪駅間で、2時間30分の運転を実現(従来の最速到達時分の「ひかり」から19分短縮)

【車両の特徴】
・先頭形状は空気抵抗の低減に効果的な形状で、かつデザイン的にも斬新なものを開発
・日本の高速鉄道では初めて、交流誘導電動機(VVVF方式)と軽量ボルスタレス台車を採用し、100系と同等の定員数を確保しつつ、約25%の軽量化(1両あたり約60トンから約45トン)を実現
・電力回生ブレーキを採用することで大幅な省エネルギー化を実現

※注釈 車両数の推移は別紙2をご覧ください。(PDF形式 47キロバイト)

・平成19年度以降N700系を集中投入し(東海:80編成、西日本:16編成)、300系を順次置き換え
・本年度中にJR東海からJR西日本へ、700系9編成(144両)を譲渡し、JR西日本所有の300系と置き換え
・N700系を進化させた『N700A』を、JR東海では平成24から25年度で13編成を投入予定

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ