このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年10月18日安全の取り組みに関する情報

在来線列車に「新しい吊り手」を導入します

 225系などでは、咄嗟の際に掴まりやすさを考慮した新しい吊り手を使用しておりますが、今回、321系、207系においてもこの新しい吊り手を導入します。また、321系については、新しい吊り手の導入に合わせて、出入り口周辺の吊り手を増設し、より多くのお客様が吊り手をご利用いただけるよう改良を図ります。

詳細

1 導入時期
 平成23年10月19日(水曜日)から順次導入

2 対象車両
 321系、207系 (京阪神エリアで普通電車として使用している車両)

3 内容
 ○新しい吊り手の導入(321系、207系)
新しい吊り手の導入(321系、207系)

 ○吊り手の増設(321系 ※注釈 207系は増設済)
吊り手の増設(321系 ※注釈 207系は増設済)

 ※注釈 詳しくは別紙をご覧ください。(PDF形式 1,247キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ