このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年10月 6日ご報告

山陽線 斜面からのモルタル片剥離の事象について

詳細

1 発見日時  
 平成23年10月6日(木曜日)午後2時59分頃

2 発見場所
 山陽線 本郷〜河内駅間 ※注釈 山陽自動車道との交差付近

3 概況
 10月6日、午後2時59分頃、線路巡回中の当社社員が、下り線の軌間内(レールとレールの間)にモルタル片が落ちているのを発見しました。
 現地を調査したところ、モルタルを吹付けたのり面工(山を切り開いた人工的な斜面)の一部が剥離していることを確認しました。

4 落下物
 モルタル片 縦22センチメートル×横22センチメートル×厚さ8センチメートル(重さ約2.5キログラム)
 モルタル片の剥離部位の線路からの高さ15メートル下り線からの水平距離20メートル

5 影響
 列車運行への影響はありません。

6 原因
 周辺の樹木の根が成長し、モルタルの一部を浮き上がらせたものと推察されます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ