このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年9月19日ご報告

きのくに線(紀勢線) 徐行区間の指定速度を超えて走行した事象について

詳細

1 発生日時
 平成23年9月18日(日曜日) 午後7時53分頃

2 場所
 きのくに線(紀勢線)岩代〜切目駅間

3 当該列車
 特急列車 オーシャンアロー32号(スーパーくろしお9両編成)
 串本18時32分発 新大阪21時52分行 乗車人員:約110名

4 概況
 当該列車が岩代〜切目駅間で、台風12号の影響により山を切り開いた人工的な斜面が変状のため、仮復旧している箇所に設置していた徐行予告信号機を見落とし、時速30キロメートルの徐行区間(150メートル)を時速約90キロメートル〜60キロメートルで走行しました。
        
 ※注釈 お客様にお怪我などはありませんでした。
 ※注釈 徐行区間の設備に影響はありませんでした。

5 列車影響
 列車影響はありません。

6 原因
 当該運転士が一時的に雑念にとらわれ、徐行予告信号機を見落としたため。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ