このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年9月 6日ご報告

播但線 鶴居駅 駅停車中にホームと反対側のドアが開く

詳細

1 日時
平成23年9月6日(火曜日)  午前8時10分頃

2 場所
播但線 鶴居(つるい)駅構内  
     
3 列車名
下り 普通電車(ワンマン) 103系 2両編成  乗客人員 3人
姫路7時24分発 寺前8時17分行

※注釈 当該列車は姫路〜福崎駅間は4両編成、福崎駅で2両切り離して前2両が寺前行となります。

4 概況
 午前8時10分ごろ、鶴居駅を発車する際、運転士が出発するためにドアを閉めたところ、すべてのドアが閉まっていることを知らせるランプが点灯していないのを認めると同時に、車内改札のため乗車していた車掌が1両目1番後の反対側(左側)ドアが開いていることを発見しました。
 当該運転士と車掌がお客様の転落やお怪我のないことを確認した後、ホーム側の扉およびホームと反対側の扉が閉まったことを確認しました。その後、車掌が当該ドアの安全監視を行って運転を継続し、寺前駅に6分遅れて到着しました。
 なお、鶴居駅で3名のお客様が降車され、鶴居〜寺前駅間はご乗車のお客様はおられませんでした。
                
※注釈 ホームと反対側のドアが開いたのは、1両目の4カ所のうち一番後ろのドア1カ所です。
※注釈 ワンマン列車の乗降は1両目の1番後ろのドアから乗車し、1両目の1番前のドアから降車していただいています。
※注釈 播但線内の列車は運転士によるドアボタンの開閉操作後、お客様にドア横の押しボタンを押して乗降していただいています。

5 列車影響
<列車遅れ>
下り 1本 (当該列車の車両確認で約6分遅れ)上り 1本 
                                計 2本
                         影響人員:約20人

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ