このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2011年8月10日その他

N700系7000/8000番代 「第11回ブルネル賞」を受賞

西日本旅客鉄道株式会社
九州旅客鉄道株式会社

 山陽・九州新幹線で主に「みずほ」「さくら」として運行しているN700系7000/8000番代が、鉄道関連の国際デザインコンペティションである「第11回ブルネル賞」において、車両部門におけるブルネル賞を受賞しました。

詳細

1 受賞作品
 ブルネル賞 車両部門 : N700系7000/8000番代(JR西日本とJR九州が共同応募)

2 ブルネル賞の概要
 ブルネル賞は、1985年に創設された鉄道分野におけるデザインの国際コンペティションで、鉄道に関するあらゆる分野で優れた建築および車両などのデザインを奨励・促進するために、ワトフォード・グループが設立した賞です。この賞の名称は、グレート・ウェスタン鉄道(イギリス)の技師、発明家および建築家でもあったイザムバード・キングダム・ブルネル氏にちなんで名付けられたものです。
 ブルネル賞国際デザインコンペティションは2から3年おきに開催され、その分野で最も優秀なものに「ブルネル賞(Award)」、優れているものに「奨励賞(Commendation)」が贈られます。今回が11回目の開催となります。

 ※注釈 ワトフォード・グループ
  鉄道におけるデザインの水準を維持発展させ鉄道の魅力を増進していくことを目的とした鉄道の建築家、デザイナーの集まりです。

3 その他
 ブルネル賞の授賞式は、今年の10月14日(金曜日)にワシントンD.C.(アメリカ)で行われます。

 ※注釈 詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 55キロバイト)

山陽九州新幹線相互直通車両N700系7000/8000番代 山陽九州新幹線相互直通車両N700系7000/8000番代(車内)
山陽九州新幹線相互直通車両N700系7000/8000番代

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ