Loading...

総合職採用

事務

(株)JR⻄日本イノベーションズ 出向 テー ニューエー 2017年 入社

Career Step

  1. 2017年京都支社 京都駅
  2. 2018年京都支社 駅支援課
  3. 2019年営業本部 近畿営業部
  4. 2020年(株)JR西日本イノベーションズ 出向

体調不良のお客様を救急車で搬送。
駅係員の使命を体感する

京都支社 京都駅

京都駅での改札業務中に、「おじいちゃんの体調が悪いので、車椅子を貸してほしい」というご家族からの申し出がありました。すぐに車椅子を用意したのですが、具合はかなり悪そうでした。そこで私は、救急車による搬送を提案しました。最初はご本人もご家族も「大丈夫です」とおっしゃっていたのですが、容態はどんどん悪そうに。ご説明を重ねたところ最終的にはご理解いただけ、救急搬送ができました。後日ご家族からうかがったお話では、おじいさんは重症だったそうで、「間に合わなかったら命に関わっていた。本当にありがとうございました」というお礼のお言葉と手紙をいただきました。実はこの時、私は救急車を呼ぶかどうか迷っていました。でも、お客様にもしものことがあってはいけないと思い、上司に状況を伝えて判断を仰ぎ、相談しました。この時上司は、「現場にいるテーさんがお客様のことを考えて判断するなら、その判断に間違いはない」と言って背中を押してくれました。この出来事は、お客様の役に立つという仕事のやりがいを感じたと同時に、「お客様の安全と命をお預かりしている」という、駅係員の使命を強く実感した出来事でした。そして、「お客様のことを最優先に考えて行動する」という、仕事をするうえでの判断基準をしっかりと学ぶことができた出来事でした。

成長を支えたもの

入社以来、相談に乗ってくれる上司や先輩がそばにいてくれます。気軽に何でも話を聞いてくれ、アドバイスをもらえることが、とてもありがたいです。私を含む外国籍の社員が集まる勉強会や、お互いに相談をする場も定期的に設けられています。書類の書き方や会社の仕組みなど、ちょっとしたことが外国人社員にとっては分からずに困ることがあります。そういった悩みや不安を共有できる仲間とのつながりを深めていけることが、非常に心強いです。「見守ってくれている」という安心感があることが、日々の仕事に集中できる原動力のように思います。

外国人へもっと情報発信を!
マナー動画の導入を提案

京都支社 駅支援課

京都支社が管轄するエリアは、外国人旅行者が非常に多い地域です。外国人にとって、鉄道をはじめとした日本の交通機関には分からないこと・知らないことがたくさんあります。それらについてホームページや駅構内などで案内を行っているとはいえ、まだまだ情報は不足しているように感じていました。そこで私は、デジタルサイネージを使った動画によるマナー案内を社内で提案。キャリーバッグの持ち方や自撮り撮影の禁止など、外国人旅行者も日本人の利用者も快適で安全に鉄道を利用してもらえるための情報発信を企画しました。導入にあたっては駅係員の声を聞きながら、どんな情報をどのように発信すれば効果的かを検討しました。分からないことや詳しく知りたいことを周囲に相談すると、「そのことは、あの人に聞くといいよ」と、社内のいろいろな人を紹介してもらえました。おかげで社内に人脈が広がりましたし、駅の施設などについても詳しくなりました。また、1つの物事を進めるための事前の準備や要望・日程のすり合わせなど、調整力が養われました。そうやって導入されたマナー動画は、現在、京都支社内全体で活用されています。乗車時のマナーは、お客様の満足度を大きく左右します。そこに貢献できたことが非常にうれしいです。また、自分から提案した仕事が形になったことで、「やりたいことには手を挙げればいい。そうすれば、仕事はもっと面白くなる」ということを学びました。

私の地域への取り組み

現在、宣伝担当として「どの駅に、いつ、どんな広告物を配置するか」といったことを計画する役割も担っています。駅には、ぞれぞれの地域のお祭りをはじめとしたイベントのポスターやチラシの設置依頼が寄せられます。それらを承り、効果的に地域の情報発信をお手伝いすることで、街の賑わいや活性化に貢献していきたいと考えています。