1. トップ
  2. 採用情報
  3. よくある問い合わせについて
  • 求める人財像
  • 総合職採用 募集要項
  • プロフェッショナル職採用 募集要項
  • FAQ

よくある問い合わせについて

採用について

総合職採用/プロフェッショナル職採用共通

Q.採用選考に応募するには何が必要ですか?

A.プレエントリーをしていただいた方に、採用マイページのIDとパスワードを送付します。マイページにログインしていただき採用に関する情報をご確認下さい。選考申込には、エントリーシートをご提出いただく必要があります(応募時期は採用マイページを通じてお知らせします)。

Q.プレエントリーはどのようにすればいいですか?

A.当社の新卒採用ホームページ上からお願いします。

Q.「総合職採用」と「プロフェッショナル職採用」の併願はできますか?

A.併願は可能です。

Q.説明会やセミナーの予定を教えてください

A.当社のことをよりご理解いただくために「オープンセミナー」(選考とは関係ありません)を、東京、大阪、名古屋、金沢、岡山、米子、広島、福岡の各都市にて開催する予定です。セミナーでは先輩社員と懇談する場も設定しますので、当社のことをより詳しくご理解いただけます。また、合同企業説明会等のイベントにも参加しますのでぜひお越し下さい。スケジュールについては、採用マイページ等でお知らせいたします。

Q.大学のOB、OGに会いたいのですがどうすればいいですか?

A.当社からOB、OGをご紹介するということは基本的に行っておりませんが、「オープンセミナー」や合同企業説明会等のイベントにて先輩社員による仕事紹介や個別質問の時間を設けますので、是非その機会をご活用ください。

Q.海外の大学卒ですが、応募できますか?

A.国内・海外大学卒を問わず、同一の日程で選考します。

Q.私は西日本エリアの学校ではなく、また西日本エリア出身でもないのですが不利になりますか?

A.学校や出身のエリアに関係なく採用を行っております。これまでも毎年、全国の学校出身の方を採用しています。

Q.既卒ですが、応募はできますか?

A.既卒3年以内の方で就労経験がない方はご応募いただけます。

就労経験とは、正社員・契約社員等の区分に関わらず、企業等と雇用契約を結び、厚生年金保険(若しくは共済年金保険)に加入している場合としています。 選考の過程および内定通知後等に虚偽の報告に基づき、就労経験があるということが判明した場合、選考の合格や内定を取り消す場合があります。

総合職採用

Q.総合職採用の勤務エリアはJR西日本の全エリアですか?

A.総合職は当社のエリア全域(東京地区含む)での勤務となります。

Q.理系の学部ですが、総合職採用事務系としての応募はできますか?

A.募集対象は全学部全学科としていますので、理系の方でも総合職採用事務系でのエントリーが可能です。例年、数名の方が理系学部出身で総合職採用 事務系で入社しています。

Q.総合職採用は、出身学部・学科によって有利ということはありますか?

A.そのようなことはありません。全国の学校から幅広く応募があり、個性豊かな方を採用しています。ただ、総合職採用 技術系については、それぞれの専門性を重視する職種もあります。

Q.総合職採用は、文系の大学院卒や、留年などは不利になりますか?

A.そのようなことはありません。さまざまな経験をされていると思いますので、そうした経験を、是非自らのアピールポイントとしてください。

プロフェッショナル職採用

Q.理系学科(機械、土木、電気系学科)の学生でなくても、「プロフェッショナル職採用(技術)」に応募することはできますか?

A.運輸、技術ともに全学部全学科を対象としております。

Q.鉄道に関する専門的な知識がないのですが、プロフェッショナル職採用を希望することはできますか?

A.業務に必要な知識・技能については、入社後の新入社員研修や鉄道現場でのOJT等を通じて育成していきます。鉄道に関する専門知識の有無は選考には関係ありません。また、学校で理系の学部・学科を専攻していなくても「技術」を志望することができます。

ページ上部へ戻る

仕事について

総合職採用/プロフェッショナル職採用共通

Q.「総合職採用」と「プロフェッショナル職採用」の職務内容は異なるのでしょうか?

A.「総合職採用」は、将来的に本社・支社での企画・計画や技術開発、また現場のマネジメント部門での経験を積み、将来的には経営の一翼を担う活躍することを期待しています。入社後数年間は、現場の最前線で直接お客様に接したり、 技術保守部門の仕事に携わったりしていただきます。 「プロフェッショナル職採用」は、駅業務全般や列車の運転士、また車両、施設、電気の維持・管理等の業務に従事していただき、安全な鉄道運行を支える現場の最前線で、鉄道技術を担うプロとして、活躍していただきます。将来的には、その経験と意欲、能力に応じて支社・本社スタッフや現場管理者など、さまざまな分野での活躍も期待しています。

Q.成長をバックアップするような教育はありますか?

A.「通信研修」や「社外通信研修」、自主参加型のビジネススキルアップ研修「オープンカレッジ」などがあります。やる気のある社員の自主的な成長のための努力を積極的にサポートしています。

Q.独身寮や社宅はありますか?

A.JR西日本の事業エリア各地に社宅や独身者・単身赴任者用の寮があります。

Q.財産を形成する制度はありますか?

A.「銀行提携預金」、「財形貯蓄」など、社員の財産形成をバックアップする制度があります。

総合職採用

Q.入社後はどのような研修がありますか?

A.新入社員研修、1年目フォロー研修を始めとする各種フォロー研修等を実施しています。そのほか、公募選抜型の研修として、営業や財務のエキスパート育成プログラム、次世代の経営者を育成するプログラム、社員の自己研鑽を支援する自主参加型のビジネススキルアップ研修などを実施しています。

Q.勤務地はどのようにして決定するのですか?

A.入社後すぐの配属地については、入社前に希望調書を提出していただいたうえで面談を実施して、希望をおうかがいする機会を設けています。

Q.自分の希望する職務につけるのでしょうか?

A.面談や研修において自分の希望を伝える場を設定しています。そのうえで、個人の希望と業務成績、自己研鑽等の実績を考慮して決定します。また、「ポスト公募制度」を導入しており、新規事業やプロジェクトに対してチャレンジ精神の旺盛な社員や専門知識のある社員が必要な場合、全社員対象に公募しています。

Q.女性の方は活躍していますか?

A.女性の方もスタッフ部門、鉄道現場を問わず、様々な職場で活躍しています。また、管理職社員としてマネジメントをしている社員もいます。性別により業務が区別されることはありません。

Q.転勤はどのくらいのサイクルで行われますか?

A.将来全社的なマネジメントを行っていただくこととしておりますので、自らの核となる職務系統を中心として、幅広い部門を経験します。異動ローテーションは概ね3年程度ですが必ずしも居住地の変更を伴うものではありません。

プロフェッショナル職採用

Q.「プロフェッショナル職採用」は、具体的にどのような仕事をするのですか?

A.運輸系
「駅務」は、駅業務全般のプロフェッショナルを目指していただくこととなります。「運転士」は、運輸部門の現業機関において、運転士として業務に従事していただきます。運転士試験合格までは駅、車掌などの業務を経験します。
技術系
技術部門の現業機関において、電気関係設備の検査・保守業務、線路や、土木構造物の検査・保守、車両の検査・修繕に従事していただきます。

Q.「プロフェッショナル職採用」の勤務地はどのようになりますか?

A.選考の時点で、北陸、京阪神、和歌山、北近畿(京都府北部、兵庫県北部)、岡山、山陰、広島・山口、福岡のうち、将来活躍したいエリア(支社)を選択していただき、そのエリア(支社)を考慮して勤務していただきます。ただし、他エリア(支社)や東京地区勤務になる場合もあります。

Q.入社後に「プロフェッショナル職採用(運輸)」と「プロフェッショナル職採用(技術)」を変わることはできるのですか?

A.入社後に職種・系統の変更は行いません。鉄道技術をしっかりと身につけていただくために、入社時の職種・系統で業務に従事し、スキルアップしていただきます。

Q.入社後、「総合職採用」に変更できますか?

A.入社後の職種変更は行っていませんが、将来のリーダーを育成するための選抜研修を受講し、仕事でのキャリアを積み重ねることにより、早期に支社・本社スタッフとして企画・計画業務に携わることや、現場管理者として活躍することもできます。

Q.技術を高めるような社内教育はありますか?

A.プロとしての技術をさらに高めるために、新任研修、レベルアップ研修、エキスパート研修などの専門的かつ高度な知識・技能の向上や各種資格の取得を目的とした集合研修など、社員それぞれのレベルやキャリアに応じた、様々な教育の機会があります。

Q.支社・本社スタッフや現場管理者として活躍できますか?

A.将来のリーダーを育成するための選抜研修を受講し、仕事でのキャリアを積み重ねることにより、支社・本社スタッフとして企画・計画業務に携わることや、現場管理者として活躍することもできます。選抜試験に合格するためには、日ごろの業務をしっかりと遂行することはもちろん、優れた知識・技術のほか、高い志が必要です。

Q.女性の方はどのように活躍していますか?

A.性別に関係なく、それぞれの職種・系統で活躍しています。例えば、女性も新幹線の運転士をしていますし、「技術」の施設・車両・電気の現場で業務に従事している社員もいます。性別により業務が区別されることはありません。

ページ上部へ戻る