1. トップ
  2. 社員紹介
  3. 足立 亘

プロフェッショナル採用

施設

(株)ジェイアール西日本ビルト 出向 足立 亘 2009年 入社

Career Step

  1. 2009年米子支社 米子施設区建築G 施設管理係
  2. 2010年米子支社 米子建築区 施設管理係(支社兼務)
  3. 2014年近畿統括本部 神戸建築区 施設管理係
  4. 2016年(株)ジェイアール西日本ビルト 出向

街の顔であり
暮らしの拠点となる
駅をつくる誇りとやりがい

米子支社 米子建築区 施設管理係(支社兼務)

入社から3年間で、駅舎内の事務所やトイレの改修など、小規模な建築工事を通して「鉄道会社の建築の仕事」をじっくりと学んできました。そして迎えた4年目。島根県の観光地にある玉造温泉駅の全面的なリニューアルを任せてもらうことになりました。計画が持ち上がった段階からメンバーに加わり、予算組みや駅舎のデザイン、そして工事の監理までを担当。私にとって、初めての大がかりな工事でした。
玉造温泉駅は、温泉を訪れるお客様にとって街の「顔」となってお迎えする駅です。そこで駅舎には温泉街との調和を意識し、神社風のデザインや格子柄を取り入れました。そうすることで、電車を降りた時のお客様のワクワク感を創出しました。また駅は、地域の皆様にとっての暮らしの拠点でもあります。リニューアル工事を行うからといって、日常のご利用に支障を与えるわけにはいきません。お客様に工事中も駅をご利用いただけるよう、工事の時間帯を夜間にしたり、工事の区画を行うことで、お客様にとって安全な工事となるよう工夫して実施しました。
完成した駅は、観光で訪れる方からも地元の方からも「いい駅になった」と好評をいただいています。地域に貢献できたことがとてもうれしかったです。玉造温泉駅は、建築の仕事のやりがいや誇りを噛みしめることができた、思い出深い駅となりました。

成長を支えたもの

入社1年目に、大小さまざまな工事を経験させてもらいました。もちろん当時の私は、経験もなければ十分なスキルやノウハウもありません。悩んだり落ち込んだりという日々だったのですが、先輩方は常に私の隣で仕事を見守ってくれ、時間を惜しまずにアドバイスしてくれました。そのおかげで成功体験を重ねることができ、自信をつけることができました。また、仕事のおもしろさを味わわせてもらえ、次の仕事へのモチベーションを高めることができました。早くから仕事を任せるだけでなく、しっかりとサポートし成長へと導いてくれることが、当社の魅力だと思います。

めざすのは、仕事への
広くて深い理解。
地域の建築を背負っていきたい

(株)ジェイアール西日本ビルト 出向

入社から8年目に社内の研修制度を利用して、現在の所属先である(株)ジェイアール西日本ビルトに出向する機会を得ました。この会社での私の業務は、JR西日本が発注した工事を受注して実施していくこと。私は、建築工事の発注側から受注側へと立場を変えたのです。出向にあたっては、工事の全体を見る力や、後輩たちを指導する力を養うという、自分なりの目標を立てました。
立場が変わってみて気付いたのが、それまでの私が、いかに現場の方たちに支えてもらっていたかということ。工事区画用の壁の設置位置や建具の材質など、駅をはじめとした建築工事には決めるべきことがたくさんあります。発注側は大まかな指定をして、実際に工事を行うために必要な細部の決め事は、現場の担当者が行ってくれていたのです。優れたデザインではあるものの、施工が難しい「現場泣かせ」の設計があることも知りました。そのことに気が付いて、工事に携わる人たちの間でのコミュニケーションの大切さがよく分かりました。同時に、ここで経験したことや学んだことが、いずれ元の職場に戻った時は大きな財産になることが分かり、それまで以上に仕事への意欲が高まりました。
異なる立場から鉄道会社の建築の仕事を経験することで、この仕事を「広く、深く」理解していくことがいまの目標です。その結果として、「米子の建築のことなら足立に聞け」と言ってもらえるような建築のプロになりたいです。

私の地域への取り組み

「駅」というのは、とても特別な場所だと思います。旅行で利用する人にとっては、これから始まる思い出深い時間の出発点であり、最後の締めくくりとなる場所です。地元の方にとっては、「行ってらっしゃい」と送り出してくれ、「お帰りなさい」と労いながら迎え入れてくれる場所です。非日常や日常といった違いはあっても、記憶にしっかりと刻まれる場所が駅なのです。そういった場所に携わり、利用する人が誇れる駅、愛着を持てる駅をつくることが、私の地域貢献だと思っています。