鳥取生まれの箱入り娘 白雪ひらめ

雪のような透き通った白身、生で安心して食べられるヒラメ。

白雪ひらめは鳥取県米子市でうまれました。
地下海水を使って陸上養殖することで、クドアなどの寄生虫がつきにくく、
生で安心してお召し上がりいただけます。
歯ごたえがよく、臭みの少ない淡白で美しい白身の旨みをお楽しみいただけます。

鳥取県米子市

ネーミングの由来 鳥取生まれの箱入り娘 白雪ひらめ

雪のように透き通った綺麗な白身から”白雪”、
ひらひら舞い踊るように泳ぐ様子から「お姫様」に見立て名付けました。

白雪ひらめを提供しているお店

RESTAURANT&CAFE

※ご提供は仕入状況によります。また当日の販売数量がなくなり次第終了となります。
※販売箇所及び販売期間、提供内容は変更となる場合があります。

SHOP

現在、準備中です

FOOD 03

白雪ひらめを使ったFOODはこちら

現在、取扱いしておりません

白雪ひらめができるまで

取組経緯 お嬢サバ」に続き、2018年より鳥取県の県魚であるヒラメを新たな地域産品に育てるため、トットクラインにて陸上養殖を開始しました。
                            養殖方法 自然ろ過された綺麗な地下海水を使い約1年半かけて陸上養殖しています。

毎年12~3月頃

一尾 約800g~1kgに育ちます。

PRODUCER05 生産者の想い

株式会社トットクライン

代表取締役:速水 哲哉

鳥取県の県魚であるヒラメを、
安心して食べて頂けるよう大事に育てました。
臭みの少ない淡泊で美しい白身と、
独特の歯ごたえをご堪能ください。

VOICE06 提供者の想い

株式会社稲田屋本店

総料理長兼料理開発室長:吉田 昌洋

鳥取県内で初めて白雪ひらめを取扱う店舗です。
 地元、米子で安心、安全な白雪ひらめを
ご堪能いただけるよう、提供してまいります。

新着情報

  • すべて
  • ニュースリリース
  • メディア掲載
2018年12月17日
ニュースリリース鳥取県米子市産ヒラメの概要(PDF 形式:411KB)

JR西日本グループは、「白雪ひらめ」を鳥取県の地域産品として育て、陸上養殖事業を新たな産業振興につなげ雇用を創出することで、地域活性化に貢献していきます。

活魚廻転寿司 にぎり長次郎

活魚廻転寿司 にぎり長次郎

山陰・隠岐の島ワールド

酒処 稲田屋 米子店

大衆炉端 山陰原子焼きワールド