鳥取生まれの箱入り娘 お嬢サバ

上質な脂を味わうことができ、安心して生で食べられるマサバ

お嬢サバは鳥取県岩美町でうまれました。
身は驚くほどに美しく、青魚特有の臭みが少なく上質な脂が味わえます。
地下海水を使って陸上養殖することで、アニサキスが付きにくいことが特徴です。
通常味わうことのできない白子や真子、肝も含め、
生で安心してお召し上がりいただけます。

鳥取県岩美町 鳥取県米子市

ネーミングの由来 鳥取生まれの箱入り娘 お嬢サバ

地下海水を使い陸上養殖で虫が付かないよう大切に育てられたプロセスが
「箱入り娘」を連想させることから「お嬢さま」にちなんで名付けました。

お嬢サバを提供しているお店

RESTAURANT&CAFE

現在、準備中です

SHOP

※1 大丸松坂屋オンラインショッピングにて販売中

FOOD 03

お嬢さばを使ったFOODはこちら

お嬢サバができるまで

取組経緯 鳥取県の新たな地域産品を作るためJR西日本が初めて陸上養殖に参入。2015年からJR西日本と鳥取県がマサバの共同研究をスタートしました。2017年6月から養殖を開始しています。
                            養殖方法 完全養殖の稚魚を、自然ろ過された綺麗な地下海水を使って約1年かけて陸上養殖しています。

毎年3~5月頃

一尾 約200~250gに育ちます。

PRODUCER05 生産者の想い

JR西日本鳥取県岩美町陸上養殖センター

センター長:吉村 忠男

手塩にかけて愛情かけて大切に育てています。
上質な味の安心安全なお嬢サバを、ぜひ御賞味ください。

VOICE06 提供者の想い

株式会社鯖や

代表取締役“サバ博士”:右田 孝宣

青魚独特の臭みがなく、白子や真子、肝も楽しめ、
脂も乗っていて甘いです。
「こんなに美味しいのか!?」とサバの概念が覆ります。

NEW 07 新着情報

  • すべて
  • ニュースリリース
  • メディア掲載
2019年7月1日
メディア掲載「キャンプハック」にサバパックを掲載いただきました
2019年5月19日
メディア掲載日本テレビ「所さんの目がテン!」に取り上げていただきました
2019年5月7日
メディア掲載公益財団法人交通道徳協会広報誌「明るい旅 2019春号」に掲載いただきました
2019年4月8日
メディア掲載「まとメシ by おとなの週末」にサバパックを掲載いただきました
2019年2月25日
ニュースリリース今年も3月8日(サバの日)に「お嬢サバ」出荷解禁! 「サバの日」イベント販売、「お嬢サバ」加工品“サバパック”を数量限定で販売について(PDF 形式:766KB)
2019年1月4日
メディア掲載農林水産省発行広報誌「aff(あふ)」に掲載いただきました
2018年3月1日
ニュースリリース「お嬢サバ」本格出荷開始について(PDF 形式:893KB)
2017年6月1日
ニュースリリース「JR西日本鳥取県岩美町陸上養殖センター」開業セレモニーの開催(PDF 形式:301KB)
2017年2月28日
ニュースリリース「お嬢サバ」の平成29年春の販売について(PDF 形式:779KB)
2017年1月10日
ニュースリリース陸上養殖事業の開始と「陸上養殖事業における連携に関する協定書」の締結について(PDF 形式:526KB)
2016年6月24日
ニュースリリース鳥取から世界へ!鳥取生まれの高付加価値マサバ「お嬢サバ」海外初出荷!株式会社鯖やと第3回共同市場調査を実施(PDF 形式:546KB)
2016年2月25日
ニュースリリース「お嬢サバ」東京初出荷!株式会社鯖やと第2回共同市場調査を実施(PDF 形式:418KB)
2015年6月12日
ニュースリリース鳥取生まれの高付加価値マサバで地域活性化!株式会社鯖やと共同市場調査を実施(PDF 形式:519KB)

JR西日本グループは、「お嬢サバ」を鳥取県の地域産品として育て、陸上養殖事業を新たな産業振興につなげ雇用を創出することで、地域活性化に貢献していきます。