クラウンサーモン

上品な脂と濃厚な旨味、抜群の歯応えと鮮度感が通年味わえる、一度も冷凍していない国産生サーモン。

クラウンサーモンは、鳥取県倉吉市でうまれました。
鳥取県の名峰・大山の湧水を水源とした河川水を使い陸上養殖することで、
通年安心して生でお召し上がりいただけます。
上品な脂と濃厚な旨味、一度も冷凍していない抜群の歯応えと鮮度感を存分にお楽しみください。

鳥取県倉吉市

ネーミングの由来 クラウンサーモン

コロナ禍に打ち勝つ水産物の象徴となるよう、
“勝利”や“栄光”という意味と、国内の陸上養殖サーモンの“トップ”ブランドに
育てていきたという思いを表す「crown(王冠)」を冠し、
「クラウンサーモン」と名付けました。

クラウンサーモンを提供しているお店

RESTAURANT&CAFE

SHOP

現在、準備中です

FOOD 03

クラウンサーモンを使ったFOODはこちら

現在、取扱いしておりません

クラウンサーモンができるまで

取組経緯 コロナ禍で行き場を失ったサーモンを、陸上養殖だけで育てた新しいサーモンとして商品化しようと、2020年からJR西日本と小泉川養魚場が提携して開発しました。
              養殖方法 鳥取県中央の自然豊かな場所に位置する、標高350mにある山の斜面を活かした養殖場で、鳥取県の名峰・大山の湧水を水源とした綺麗な河川水を使い、約3年間かけて陸上養殖しています。

生:通年

一尾 約2kg~3kgに育ちます。

PRODUCER05 生産者の想い

株式会社小泉川養魚場

代表取締役:小椋勝美

魚が健康で本来の美しい魚体であること、
食べておいしいことを常に意識し
大切に育てています。

VOICE06 提供者の想い

大起水産グループ 大起産業株式会社

専務取締役:酒井泉

魚食民族の日本、この素晴らしい食文化を、
安心して後世に伝えていく事が一番大事だと考え、
JR西日本様そして陸上養殖の生産者様と共に、
これからも美味しいクラウンサーモンをご提供させて頂きます。

JR西日本グループは、「クラウンサーモン」を鳥取県の新たな地域産品に育て、陸上養殖事業を推進し産業振興につなげ、雇用を創出することで、地域活性化に貢献していきます。

江戸前 回転寿司 とれとれ屋

大起水産

魚喜