このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

安全研究所

研究成果の活用

教材の発行と社内外への配付

2007年3月には研究の成果を安全教材『事例でわかるヒューマンファクター』として発行、全社員およびグループ会社へ配付しました。4月には安全研究所員が各支社に赴き、教材のコンセプトやヒューマンファクターの定義、現場における教材の活用法などについて出前講義を行っています。

また、社内だけではなく社外からも高く評価され、業界を越えての安全への取り組みを呼びかけました。

この教材は、専門家からの評価も高く、多くのメディアにも取り上げられ、業種を問わず注目されています。

鉄道に携わる係員として最低限知っておくべきヒューマンファクターに関する事項(32項目)を抽出し、身近な事象を例にあげ、イラストや図表を豊富に盛り込んだわかりやすい内容としました。(A4版100頁)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。記載サンプルはこちら(PDF形式 465KB)

社内(全社員、グループ会社など)への配布は約52,600部、社外への配布は約94,100部(2016年4月現在)
第1章、第2章では、「からだ」や「こころ」の働きによって生じるエラーについて紹介。第3章、第4章では職場(集団)で発生しがちなエラーなど、事例をもとにその対策方法を紹介しています。

2017年3月には『事例でわかるヒューマンファクター』の続編として、前書と同様に学界の知見等も参考にしつつ、現場第一線の管理監督層に知ってほしい事項を盛りこんだ教材を発行、現場第一線の社員およびグループ会社へ配付しました。

鉄道に携わる係員として最低限知っておくべき事項(7項目)を抽出し、身近な事象を例にあげ、イラストや図表を豊富に盛り込んだわかりやすい内容としました。(A4版50頁)

今後は安全研究所員が各支社に赴き、教材の活用法などについて出前講義を行っていく予定です。

事例でわかるヒューマンファクター2

平成28年度までの研究成果

あんけん Vol.10 研究成果レポート

安全研究所のこれまでの研究成果をまとめた冊子を発行しました。安全に関するさまざまな研究を行っています。

内容例

踏切道における高齢歩行者の行動特性

近年、鉄道の安全を考える上で高齢歩行者による踏切事故が重要な問題として認識されています。本研究は高齢歩行者による踏切事故防止に向けた効果的な対策を講じることを目的とし、第1種踏切(踏切警報機と遮断機のついている踏切)に設置された踏切監視カメラの映像を用いて、踏切通行者の行動に関する実態把握を行いました。

冊子:あんけん Vol.10  研究成果レポート

社内での活動

研究所では訪れた現場社員に研究所の概要や実験室の紹介を行った後、ヒューマンファクター講習会や意見交換会を開催しています。意見交換会では、研究所からは所長をはじめ、多くの研究員が参加し、現場での取り組みや意見を聞き取り、安全性向上に向けた意見交換を行っています。

逆に研究員が実際に現場に足を運び、現状を把握したりヒアリングやアンケート調査を行っています。また要請にもとづき各職場でも講義を行っています。

社内での活動
ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ