瀬戸内産塩田わんぱく車海老 とれ海老やん

ぷりっとした食感で強い甘みトレビアンなクルマエビ。

とれ海老やんは、広島県大崎上島でうまれました。
地下海水を使い、低密度養殖でストレスなくのびのびと育てることで、
元気に成長しより弾力と甘みが増し、また髭はとっても長く育ちます。

広島県大崎上島

ネーミングの由来 塩田わんぱく車海老 瀬戸内産とれたてぴっちぴちとれ海老やん

“とれ”たてで活きが良く、
味や見た目がとても素晴らしい="トレビアン"なことから
「とれ海老やん」と名付けました。

とれ海老やんを提供しているお店

RESTAURANT&CAFE

※ご提供は仕入状況によります。また当日の販売数量がなくなり次第終了となります。
※販売箇所及び販売期間、提供内容は変更となる場合があります。

SHOP

FOOD 03

とれ海老やんを使ったFOODはこちら

現在、取扱いしておりません

とれ海老やんができるまで

取組経緯 2018年より、瀬戸内の新たな食材として「オイスターぼんぼん」に続き、JR西日本とファームスズキが連携し養殖をスタートしました
                            養殖方法 「オイスターぼんぼん」と同じ塩田跡の養殖池で地下海水を使って陸上養殖しています。自然に近い環境に近づけるため低密度にこだわり、のびのびと育てています。

生:毎年11~2月頃 冷凍:毎年3~10月

一尾 約20~25gに育ちます。

PRODUCER05 生産者の想い

株式会社ファームスズキ

代表取締役社長:鈴木 隆

「オイスターぼんぼん」に続き、
JR西日本と共同で、養殖することとなりました。
広島県で唯一のクルマエビの養殖場です。
低密度養殖でクルマエビがのびのびと育ち、
病気になるリスクが少なく成長も早い方法で
手間暇をかけ、とても大切に育てています。
下処理をしなくても臭みが少なく、
すっきりとした強い甘みのクルマエビをぜひ味わってみてください。

VOICE06 提供者の想い

株式会社ジェイアール西日本ホテル開発

常務取締役
JR西日本ホテルズ総料理長:佐藤 伸二

クリアで上品な味わいです。
 生のときはぷりっとした歯ごたえを、
しっかりと火を入れると強い甘みを楽しむことができます。
 活きたまま届くので、
味噌まで雑味なくお召し上がりいただけます。
 少し手間をかけて殻を炒り、
だしをとってお味噌汁や煮物などに使うのもオススメ。
 新鮮でクリアな味わいだからこそ、身、味噌、殻まで、
すべて余すことなくご堪能いただけます。

新着情報

  • すべて
  • ニュースリリース
  • メディア掲載

JR西日本グループは、「とれ海老やん」を瀬戸内の地域産品として育て、陸上養殖を新たな産業振興につなげ雇用を創出することで、地域活性化に貢献していきます。

NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町