Loading...

総合職採用

運輸

運輸部 伊藤 千秋 2011年 入社

Career Step

  1. 2011年近畿統括本部 網干総合車両所
  2. 2013年神戸支社 姫路列車区
  3. 2014年近畿統括本部 大阪総合指令所
  4. 2015年運輸部
仕事内容

高品質な輸送のために、
設備計画を策定。

京阪神地区を中心に、新線開業や駅改良、新型車両投入などのプロジェクトに携わっています。駅間の運転速度や列車本数に大きく関わる、信号機・分岐器などの運転設備を関係部署と調整し、お客様に安全かつ利便性の高い輸送商品を提供できるよう努めています。完成した運転設備は長期間にわたり使用されるため、事前の入念な検討を心掛け、未来のお客様に対しても質の高い輸送の提供が実現できるよう、安全かつメンテナンス性の高い設備計画の策定を行っています。

私の「考動」

新型車両投入に向けて、
社内各部と連携して検討。

車両の加速性能やブレーキ性能、搭載する保安設備などは、輸送の品質を変える非常に重要な要素です。ですから、新型車両を投入する際には、その路線に見合った性能や設備を有している車両なのか、運輸部門と車両部門が協力して検討しなければなりません。そこで、現在全社で使用している車両の加速性能やブレーキ性能などをすべて調査し、該当路線に見合う適切な車両性能の範囲を車両部門に提案。結果、最適な車両投入の検討に貢献することができました。

めざす未来

環境変化に応じて最適な交通サービスを。
地域の未来のためにさらなる技術力を。

人口減少や技術革新など、鉄道を取り巻く環境が刻々と変化していくなかでも、将来にわたり、地域とともに発展していくとともに、持続可能な交通サービスを提供し続けていきたいと考えています。そのためにも、現在の業務を通してプロジェクトの実現に必要な技術を磨きつつ、継続して安全性の向上に挑戦するとともに、地域とwin-winの関係になる輸送の検討や、新たな技術を取り入れたオペレーションの見直しなどの生産性の向上につながる業務にも挑戦していきたいと考えています。