Loading...

社長メッセージ

変わらぬ決意

JR西日本グループにとって、「安全」はあらゆるサービス、商品の根幹です。
JR西日本グループは、基幹事業である鉄道事業において、日々500万人を超えるお客様にご利用いただいているほか、さまざまな生活サービス分野の事業も含めて非常に多くのお客様にご利用いただいています。このように鉄道を基幹事業とするJR西日本グループにおいては、お客様の尊い命をお預かりしている鉄道事業者としての責任を自覚し、ご利用いただくお客様や社会から信認いただけるよう努力し続けていくことが不可欠です。
当社は2005年4月25日、福知山線において106名ものお客様の尊いお命を奪い、500名を超える方々にお怪我をさせるという、極めて重大な事故を惹き起こしました。私たちは「福知山線列車事故のような事故を二度と発生させない」という確固たる決意のもと、被害に遭われた方々に真摯に対応すること、安全性向上の取り組み、変革の推進という「経営の3本柱」を常に経営の中軸に据えて取り組んでいます。引き続き「JR西日本グループ鉄道安全考動計画2022」をもとに、ソフト、ハード両面から鉄道の安全性向上に全力で取り組んでいきます。

JR西日本グループ全体での持続的な発展・成長

私たちは、鉄道事業をはじめ、物販・飲食、ホテル、ショッピングセンター、不動産といったさまざまな生活サービスを含めて、広く社会の皆様にご利用いただく社会的インフラを担う企業グループとして事業を営んでいます。鉄道事業を基軸に、さまざまな事業が相乗効果を発揮し、お客様や地域社会から求められるより良い価値を提供していくことが、私たちの役割であり使命です。
将来にわたり社会から求められる価値を提供し続けていくにあたり、JR西日本グループも、人口減少などの国内市場の変化や自動車の自動運転の普及といった技術革新、激甚化する自然災害など、経営環境の大きな変化に直面しており、先々の見通しは決して楽観できるものではありません。
しかしながら、そうした中においても、2025年の大阪・関西万博や海外からのお客様の増加といった新しい機会を積極的に捉えることもできます。うめきた地下駅、なにわ筋線、北陸新幹線の延伸や大阪・三ノ宮・広島など各エリアでのプロジェクト推進も、それらの新しい機会に呼応していくものです。
これらはいずれも長期的視点に立ったものであり、将来を見据えて着実に進めていきたいと考えます。鉄道事業を基軸として、JR西日本グループ全体が持続的に発展できるよう、将来にわたって社会の信認に応えられるように、一人ひとりの力を結集していきます。

めざす未来~実現する主役は社員一人ひとり~

JR西日本グループの持続的な発展は、各分野で働く一人ひとりが力を発揮することではじめて成し遂げられるものです。鉄道をはじめグループの各事業は、それぞれの分野で使命感を持って誠実に職責を果たしている社員一人ひとりに支えられています。当社グループで働く社員一人ひとりは、かけがえのない人財です。「人々が出会い、笑顔が生まれる、安全で豊かな社会」を実現するというJR西日本グループの社会的使命に共感いただける方、その志をお持ちの方の挑戦を心からお待ちしています。私たちと一緒に「めざす未来」を実現しましょう。

代表取締役社長 長谷川一明