このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

匠への道

技術を受け継ぐ旗手たち(第10回)

新幹線管理本部 姫路新幹線電気区 東 耕平

新幹線管理本部 姫路新幹線電気区 東 耕平

「現場で設備を触っていると、『新幹線を支えている』という実感が湧きます。やはり現場は楽しいです」と目を輝かせるのは、姫路新幹線電気区で信号通信設備の保守管理に携わる東。今でこそこのように語るが、現場では都度作業者の判断が求められるためプレッシャーは相当のもので、悩んだことも多かったという。少しでも皆の力になりたい、目指す像に近づきたい。自分なりに目標への近道を探して努力を重ね、成長を続ける未来の匠を追った。

東耕平の経歴図

自分にできることは何か−新人の心得は

現在は新幹線に携わる東だが、最初の配属は在来線の設備を担う姫路電気区だった。検査や工事の立ち会いで現場に行くことが多く、作業に使用する工具類の準備は主に東の仕事だった。しかし、工具類の名前はもちろん、現場に行っても何の作業をしているのか、そもそも何の設備なのかも分からない。そこで少しでも早く仕事を覚えるため、作業中はメモを取り、作業の翌日には前日の作業内容、使用した道具をもう一度確認し、振り返る習慣をつけた。また、疑問を解決するまで必死で質問する東の姿勢は職場の温かいサポートを呼び、東は力を付けていった。入社2年目になり、初めて責任者として作業を任されることになった。「緊張しましたが、やっと自分でできるようになったうれしさの方が大きかったです」。少しでも周りの人々に追い付きたい、追い越したいという思いから身に付いた「振り返る」習慣が、今の東を形作っている。

防げたトラブル 失敗を乗り越えて得たもの

ようやく仕事に慣れ始めたと思ったのもつかの間、入社2年目の10月には姫路新幹線電気区に異動となる。「新幹線の設備は全く分からず、不安はありました。しかし、憧れの新幹線に携わることができ、うれしかったです」と、胸を躍らせて仕事に就いたが、ここで東は一生忘れられない苦い経験をする。

入社3年目になって初めて、工事の一部始終を担当する機会を与えられた。職場のサポートを得ながら準備し、自分としては万全の状態で作業責任者として臨んだ。ところが、工事の途中で不具合が起きてしまう。その場では原因を特定できなかったが、運転に支障はない不具合であったため、応急措置を施し、列車の運転を見合わせることだけは防いだ。その後調査したところ、工事に使用する機器の仕様が変更されており、従来どおりの方法では不具合が発生してしまうことが分かった。しかもそれは、工事の前に図面をしっかり確認していれば防げていたトラブルだった。職場の先輩や同僚にも迷惑を掛けたが、先輩たちは優しく自分を迎えてくれた。その優しさがかえって自分には辛く「原因は自分の準備不足。協力してくれた皆に申し訳なかったです」と、忘れられない出来事となった。

これ以降東は普段から図面をよく見るようになる。「図面を見れば構造が頭に入り、実際の設備を見ても動揺しなくなります。いざという時に対応が早くなるので大切な作業です」と図面の重要性を説く。図面は正しいか、最新のものか、設備が動かないかもしれないという恐れがなくなるまで確認作業を続けるようになり、自信と周囲からの信頼につながった。

仲間に安心感を与えられる存在に

最近の若手は、どこか受身で大人しい印象を受けるという。自らの経験上、現場で得られるものが大きいと考えるため、後輩たちには積極的に現場へ出向き、自ら仕事を取りにいくように働き掛けている。「『やらされている』と思ってやるのと、『やりたい』と思ってやるのとでは成長の伸びが違います。より成長するためには、私を含めてもっと積極的に仕事をしなければならないと思います」と、若手とともに高みを目指す。

そんな東には目標とする人がいる。それは東が出向中に出会った協力会社の社員。その人は、「姫路エリアなら誰にも負けない」と自負するほどの知識・技術を兼ね備えたベテラン社員で、そう言い切れる姿に憧れを感じた。「私もいずれ、『東に聞け』と言われるまでになりたいです。いるだけで仲間に安心感を与えられる存在、そうなることが技術屋としての本望です」と、大きな志を持って、今日も新幹線の安全を支える。未来の「匠」になる日は、そう遠くない。

  • 丁寧な説明は周囲からの信頼につながっている。
  • 打ち合わせでは、疑問がなくなるまで話し合う。全ては安全に作業を終えるためだ。

期待の一言

姫路新幹線電気区
江川 俊哉区長

東社員は、信号通信系のベテラン社員がいない中、係長の右腕となり保全業務や若手社員への指導を日々行っています。グループ会社への出向経験もあり、幅広い知識や技能を持っています。また数年前から行われているATC-NS化工事の機能検査表の作成や機能試験を行い、工期内に無事完遂できたことは、東社員の活躍があったからです。故障対応においても迅速な初動対応に加え、適切な処置や原因の追究に余念がありません。これから良きリーダーとして活躍してくれることを期待しています。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ