このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

障害物検知装置の導入

「踏切について知ってください」トップページへ戻る

自動車が踏切内で動かなくなった・・・。
列車の運転士に知らせなくっちゃ。

はい、お答えします。
自動車が踏切内で動かなくなった際は、
非常ボタンを押すか、発炎筒で知らせてください。

踏切トラブル対処法

また、さらなる安全性向上のため、障害物検知装置を導入している踏切もあります。

障害物検知装置とはなんですか??

障害物検知装置とは、踏切内に停滞した自動車などといった障害物を検知して、
自動的に列車の運転士に知らせる保安装置です。

  • LD式障害物検知装置

    発光器と受光器の間の光軸が遮られると障害物を検知します。

    LD式障害物検知装置のイメージイラスト

  • ループコイル式障害物検知装置

    踏切内に埋め込まれたコイルの上に金属の塊(自動車程度の大きさ)があるときに検知します。

    ループコイル式障害物検知装置のイメージイラスト

  • 3次元レーザーレーダ式障害物検知装置

    踏切の近くに設置したレーザーヘッドから照射したレーザ光の反射により踏切上の障害物を連続的に検知します。

    3次元レーザーレーダ式障害物検知装置のイメージイラスト

へー!すごいですね。
これがあれば自動的に、列車の運転士に危険を知らせてくれるんですね!

はい。
ただし、全ての障害物が検知できる訳ではありません。

障害物検知装置の有無にかかわらず、「危ない!」と感じたら、迷わず非常ボタンを押す発煙筒で、列車の運転士に危険をお知らせいただくようお願いいたします。

踏切トラブル対処法

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ