このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年9月24日
ご報告

普通列車の停車駅通過について(七尾線)

 2018年9月24日、七尾線で列車が停車駅である能瀬駅を誤って通過しました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 9月24日(月曜日) 午後2時52分ごろ

2 場所
 七尾線 能瀬(のせ)駅

3 列車
 普通列車 3両編成
 金沢駅(14時29分)発→七尾駅(16時11分)着
 乗客数:約100名
                   
4 概況
 当該列車は能瀬駅に停車の際、所定停止位置を約175メートル行き過ぎて停車しました。
 列車の停車した位置の付近に踏切があり、後退すると踏切が正常に作動しない恐れがあったことから、指令員は運転士に前進を指示し、運転を再開しました。

 ※注釈:ご乗車のお客様におけがなどはありません。
 ※注釈:能瀬駅で降車予定のお客様(10名)には、次の宇野気駅から普通列車(七尾発14時2分→宇野気発14時58分→金沢着15時31分)にご乗車いただきました。能瀬駅から乗車予定のお客様(1名)には、能瀬駅で次の特急列車(能登かがり火5号:金沢発15時→和倉温泉着15時57分)を臨時停車し、ご乗車いただきました。
 ※注釈:当該列車は、次の宇野気駅には約7分遅れて到着しました。
 
5 原因
 運転士のブレーキ扱いに適切を欠いたためです。

6 対策
 改めて運転士に対して適切なブレーキ扱いを徹底し再発防止に努めるとともに現場への周知徹底を行います。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択