このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年2月16日
ご報告

山陰線 福部〜鳥取駅間 トンネルからのレンガ片落下について

 2018年2月16日、山陰線 福部〜鳥取駅間において、トンネルからレンガ片が落下しました。皆様にはご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 発見日時
 2018年2月16日(金曜日) 午前2時50分ごろ

2 落下場所
 山陰線 福部〜鳥取駅間 榎峠(えのきとうげ)トンネル           

3 概況
 2月16日(金曜日)、午前2時50分ごろ、福部〜鳥取駅間、榎峠トンネル内を徒歩巡回中の社員は、同トンネル内にレンガ片が落下しているのを発見しました。
 確認を行ったところ、トンネル上部から剥離したものであることが判明しました。
 ※注釈:お客様にお怪我などはございません
 ※注釈:列車と接触はしていません

4 落下物について(レンガ片1個)
 
レンガ片の大きさ:縦55ミリメートル×横230ミリメートル×厚さ20ミリメートル
 重さ:560グラム

5 原因
 経年により、一部のレンガが劣化したことで剥離したと考えられます。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択