このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年8月 6日ご報告

山陰線、久手駅にて列車が所定の停止位置を行き過ぎて停車した事象について

 2017年8月6日、山陰線、久手(くて)駅で列車が所定の停止位置を行き過ぎて停車しました。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 2017年8月6日(日曜日) 午後0時49分ごろ

2 場所
 山陰線、久手(くて)駅

3 列車
 普通ワンマン列車 1両編成
 出雲市駅(12時11分)発、浜田駅(14時7分)着
 乗客数:約30名

4 概況
 8月6日午後0時49分ごろ、上記列車の運転士は久手(くて)駅の所定停止位置を約30メートル行き過ぎて停車しました。その後、関係箇所に連絡し確認を行ったところ、前方に刺鹿(さしか)踏切があり、後退すると踏切が誤作動する恐れがあったことから、後退せずにそのまま運転を再開しました。
 ※注釈:列車にご乗車のお客様におけがなどはございません。
 ※注釈:久手駅で降車予定のお客様はいらっしゃいませんでした。
 ※注釈:久手駅から乗車予定のお客様(1名)については大田市駅までタクシーによる代行を行いました。

5 列車影響
 当該列車のみ8分の遅れが発生しました。

6 原因
 運転士のブレーキ操作が遅れたためです。

7 対策
 全ての乗務員に注意喚起を行い、同種事象防止に努めます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ