このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年6月28日安全の取り組みに関する情報

~駅のホームの安全性向上に向けて~
新神戸駅の「可動式ホーム柵」を新しいタイプに取り替えます。

山陽新幹線新神戸駅では、1977年12月からホーム柵を設置しておりますが、このたび、昨年度までに新たに開発した大開口タイプのホーム柵(近接型)に取り替えます。

詳細

1 設置箇所
山陽新幹線、新神戸駅 1・2番のりば

2 諸元
(1)高さ
約1.35メートル

(2)最大開口
約5.5メートル(開閉ストローク)

(3)柵延長
1のりばあたり約400メートル

3 使用開始時期(予定)
1番のりば(博多方面):2019年春ごろ
2番のりば(東京方面):2018年夏ごろ

4 設置イメージ

設置イメージ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ