このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年3月 9日ご報告

赤穂線播州赤穂駅運転士のドア扱い誤りによりお客様が接続列車に乗車できなかった事象ついて

2017年3月9日、運転士が列車のドア扱いを誤り、お客様が接続列車にご乗車できなかった事象が発生いたしました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 申告日時
2017年3月9日(木曜日) 午後0時8分ごろ

2 発生場所
赤穂線播州赤穂駅

3 列車名
上り普通列車岡山駅(10時56分)発播州赤穂駅(12時8分)着 2両編成
乗客数:約30名

4 概況
午後0時8分ごろ、当該列車の運転士は、終点の播州赤穂駅到着後、全車両のドアを「開」とすべきところ、1両目のドアのみを「開」としたため、2両目にご乗車されていたお客様が接続予定である列車に乗車できなかったことが判明し、所属区所に連絡しました。

※注釈接続列車は、播州赤穂駅(12時9分)発姫路駅(12時41分)着
※注釈接続列車に乗車できなかったお客様は、約10名いらっしゃいました。
※注釈乗車できなかったお客様には後続列車にご乗車いただきました。

5 原因
運転士が全車両のドアを「開」とすべきところ、1両目のドアのみを「開」としたため。

6 対策
今回の事象をほかの運転士にも周知し、あらためて指導、徹底してまいります。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ