このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年1月13日その他

「高槻駅改良プロジェクト」が第10回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞!

 西日本旅客鉄道株式会社と高槻市は、JR京都線(東海道線)高槻駅において、駅や周辺施設の面的バリアフリー化を進め、特に新設ホームでは昇降式ホーム柵を導入するなどの取り組みを行いました。今回、これらの取り組みが評価され、「第10回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞し、表彰式典が東京都千代田区の国土交通省にて執り行われました。

詳細

1 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰の概要
 この賞は、国土交通省が国土交通分野におけるバリアフリー化の推進に多大な貢献が認められた個人または団体を表彰するもので、優れた取り組みについて広く普及・推励することを目的として平成19年度に創設されたものです。

2 受賞理由
 平成28年3月に供用開始された「高槻駅改良プロジェクト」では、狭小ホームの安全対策としてホームを新設するとともに昇降式ホーム柵を導入し安全性を飛躍的に向上させ、さらには西口改札口を設置し複数のバリアフリールートを確保しました。また、統一感のある駅周辺案内サインの整備や西口改札口付近を歩行者道路に整備するなど高槻市と連携し、駅や周辺設備の面的バリアフリー化の推進に貢献したことが評価されました。

3 プロジェクト概要
概要

概要

概要

概要

4 授賞式の様子
受賞の様子 受賞の様子

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ