このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年12月14日ご報告

山陽線 下関構内 架道橋よりコンクリート片が落下した事象について

 平成28年12月14日、山陽線 下関駅において、架道橋からコンクリート片が落下する事象が発生しました。皆様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 受報日時
 平成28年12月14日(水曜日) 午前8時36分ごろ

2 落下場所
 山陽線 下関駅構内 第1埋立架道橋

3 概況
 午前8時36分ごろ、当該架道橋下の歩道にコンクリート片が落ちていたと、通行されていた方から下関駅の改札口社員へ申告がありました。なお、落下物によりおけがなどをされた方はいらっしゃいませんでした。

4 落下物
 ・総重量:約340グラム
 ・大きさ:長さ95ミリメートル×幅65ミリメートル×厚さ10ミリメートル(最大)
 ・落下元から地面までの高さ:約5.5メートル
落下物

5 影響
 列車運行への影響はありません。

6 原因
 鉄筋腐食の影響でコンクリートが剥落したと推察されます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ