このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年11月10日ご報告

JR神戸線 神戸駅 ポイントに対する制限速度を超えて運転した事象について

 平成28年11月10日(木曜日)JR神戸線 神戸駅において、快速列車運転士が分岐器(ポイント)の制限速度を超えて運転していたことが判明しましたので、お知らせいたします。ご利用のお客様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 平成28年11月10日(木曜日) 午前8時9分ごろ

2 発生場所
 JR神戸線(東海道線) 神戸駅 構内

3 列車名
 上り快速列車 姫路駅(6時55分)発 大阪駅(8時41分)着 12両編成
 乗客数:約1,200人

4 概況
 11月10日(木曜日)8時54分ごろ、大阪総合指令所指令員は(当該列車に乗務していた)車掌が所属する職場から、「神戸駅発車後に列車が揺れた」との連絡を受けました。調査したところ、当該列車の運転士が、神戸駅1番のりばから発車する際、2番のりばから発車したものと思い込み運転を行ったことが判明しました。
 ※注釈 1番のりばから発車する場合は、時速35キロメートルのポイント制限があります。
 ※注釈 時速35キロメートルのポイント制限に対して、先頭車両は時速約35キロメートルで進入していましたが、最後部車両が時速約60キロメートルで通過していました。
概略図

5 原因
 運転士が1番ではなく、2番のりばから発車する列車と思い込み運転を行ったためです。

6 対策
 運転士に対し、制限速度に対する指導を、再徹底いたします。


 

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ