このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年10月 4日ご報告

JR京都線東淀川駅一部車両のドアが開かずお客様が乗車できなかった事象について

平成28年10月4日、JR京都線東淀川駅で、列車の一部のドアが開かず、お客様に乗車いただけなかった事象が発生しました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
平成28年10月4日(火曜日)午後6時12分ごろ

2 場所
JR京都線(東海道線) 東淀川駅

3 列車名
下り普通列車京都駅(17時33分)発西明石駅(19時38分)着 7両編成
乗客数:約600人

4 概況
午後6時13分ごろ、東淀川駅の駅係員は、3名のお客様から「電車に乗れなかった。」との申告を受け、大阪総合指令所へ連絡しました。午後6時14分ごろ、当該列車は、新大阪駅に到着しドアを開いた際に、進行方向前から4両目で車内非常ブザーが取り扱われ、当該列車車掌が確認したところ、乗車中のお客様から「ドアが開いていない。」と申告を受けました。車掌が再度ドアのスイッチを取り扱い、4両目のドアは正常に開いたため、お客様には乗降していただきました。

※注釈東淀川駅係員に申告した3名のお客様には、後続の列車をご利用いただきました。東淀川駅に降車できなかったとの申告は、ありませんでした。
※注釈この事象による東淀川駅での列車の遅れはありません。新大阪駅では、確認作業のため7分遅れて発車しています。
※注釈ドアが開かなかった箇所は7両編成中、前から4両目の進行方向左側の全ての扉です。(4カ所)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ