このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年7月 8日安全の取り組みに関する情報

「お客様・地域の皆さまと連携した事故防止」キャンペーンの実施について

 列車内や駅のホーム、踏切に設置している「非常ボタン」については、お客様などが異常を察知された場合に取り扱っていただくことで、お客様や列車運行の安全が図られております。
 近年増加している駅のホームなどでの「ながら歩き」についても、その危険性についてご理解いただきたいと思っています。
 鉄道の安全は、お客様などのご理解、ご協力に支えられて確保されていますが、今後もより多くの方々にご協力を賜ることができればと考えております。
以下のとおり「お客様・地域の皆さまと連携した事故防止」キャンペーンを実施しますので、ぜひ、この機会にお立ち寄りください。

詳細

1 実施内容
 各駅などの会場において、「ホームの非常ボタン」「車内のSOSボタン」「踏切非常ボタン」の3種類の模擬装置をご用意し、お客様に実際に非常ボタンの取り扱いを体験していただくことでご理解を深めていただきます。併せて「ながら歩き」の危険性をご理解いただくために、駅や列車内などでポスターの掲示やパンフレットの配布を行います。

2 実施日時・場所
事故防止キャンペーン

 ※注釈 9月も引き続き、広島・山口の各駅で実施予定です。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ