このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年4月27日経営関連

平成28年3月期期末決算

平成28年3月期期末決算についてお知らせいたします。

詳細

<期末決算のポイント>

■平成27年度期末決算については、総じて堅調な景気動向を背景に施策の効果もあり、連結、単体ともに増収増益。

◎鉄道運輸収入は、ビジネス、観光ともご利用が増加し、山陽新幹線が好調に推移。加えて北陸新幹線も開業効果が持続。
◎非鉄道事業でも、好調な鉄道利用を背景に、平成26年度リニューアル工事の影響があった流通業や不動産業で新規開業した商業施設や不動産分譲などが好調。
◎昨年4月にアップデートした「JR西日本グループ中期経営計画2017」での目標達成と今後の成長をめざし、各戦略を着実に推進。特に、事業分野をまたがる戦略として掲げた「北陸新幹線と北陸エリアの活性化」「新生『LUCUA osaka』」「訪日観光客需要の獲得」については、引き続きグループ全体で重点的に施策を推進し、目標に対して順調に進捗。

■平成28年度は、「中期経営計画」および「安全考動計画」の最終年度となる平成29年度を目前に控え、安全・CSなどの施策を確実に実施し、目標達成を見通せる成果を出していく年となる。
経営環境の変化を踏まえ、目標達成と今後の成長に向けて、引き続き「中期経営計画」で掲げた戦略方針に沿って各施策を着実に推進。

◎京都鉄道博物館の開業効果の最大化
◎「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行開始に向けた着実な準備
◎北陸新幹線開業2年目における効果の定着化
◎セブン-イレブン・ジャパン業務提携店舗の転換推進

■平成28年度の通期業績予想は、景気の先行きに不透明感が増す中、前年度好調であった鉄道運輸収入や不動産分譲などの反動減が見込まれることに加え、将来の負担に備えた新幹線鉄道大規模改修引当金の積立て開始などにより、連結、単体とも減収減益となる見通し。

■平成27年度の期末配当金については、1株あたり70円を予定(平成28年度は年間140円を予定)。

kessan

※注釈
◎平成28年3月期期末決算短信についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 3,493キロバイト)
◎決算短信補足資料についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 511キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ