このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年3月15日その他

「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)」
産学連携による京都・梅小路地区の賑わい創出へ
バナーとフラッグのデザイン決定とお披露目

京都・梅小路みんながつながるプロジェクト
(京都・梅小路まちづくり推進協議会)

 「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)」は、京都駅から梅小路公園周辺までのエリア一帯において、おもてなしの雰囲気の演出や楽しく回遊していただくため2015年6月にバナー(横断幕など)とフラッグのデザイン制作を「京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab 岡田栄造研究室」に依頼し、デザインが決定しましたのでお知らせします。
 本デザインは、梅小路周辺エリアの地図を基本デザインとし、その地図を構成するパーツを使用し、京都駅から梅小路周辺エリアに関連する鉄道車両や水族館のいきものなどをモチーフにデザインしており、本エリアの特徴や魅力を表現しています。
 今回完成したバナーとフラッグは京都駅から梅小路公園までのアクセスルート(七条通など)や梅小路公園内を中心に約160箇所へ掲出され、賑わいあふれるアクセスルートをより楽しみながら歩いていただけます。

 ※注釈 KYOTO Design Labとは、京都工芸繊維大学が設立した建築学・デザイン学の中核組織です。「デザインによる社会変革」をテーマに、デザインの実践に直結する方法論を考究する場として、成熟した都市の再生や、成長する都市の持続可能性、超高齢社会における快適な暮らしの設計のための課題の発見と解決に取り組んでいます。

水族館のいきものや鉄道車両をモチーフにしたバナー

詳細

○ 「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」 バナーとフラッグ掲出
(1)掲出日
 2016年3月28日(月曜日)から
 ※注釈 掲出期間は掲出場所により異なります。
(2)掲出場所
 京都駅から梅小路公園周辺までのアクセスルートおよび梅小路公園内
(3)掲出数
 27種 246枚

 ※注釈 バナーとフラッグの掲出箇所およびパターン展開はこちらをご覧ください。(PDF形式 507キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ