このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年3月 8日列車の運行

東海道・山陽新幹線車両N700系の改造工事完遂について

 当社では、東海道・山陽新幹線で運行しているN700系車両(16両編成)に対し、「N700A」に採用している機能の一部を反映する改造工事を、2013年9月から博多総合車両所において実施してまいりました。
 このたび、全てのN700系車両(16両編成)の改造工事が3月7日に完遂いたしました。これにより、当社保有の「N700Aタイプ(N700A・N700系改造)」の車両が21編成となり、3月8日から、東海道・山陽新幹線のN700系(16両編成)は、全てN700Aタイプでの運行となります。引き続き車両の安全・安定輸送の実現を図ってまいります。

 N700系

詳細

1 改造工事概要   
(1)中央締結ブレーキディスクの搭載
 安定した、より強いブレーキ力を実現

(2)定速走行装置の搭載(東海道区間のみ使用)
 ATC信号に沿った、より安定した運転を実現

2 N700系の改造工事の進捗

 改造実績

 ・博多総合車両所での全般検査に合わせて、1編成約1カ月程度の工期で実施。
 ・「N700A」新製車両5編成と合わせ、「N700Aタイプ車両」が計21編成となります。

3 その他
 平成28年度には4編成の「N700A」新製車両を投入する予定です。

 

 N700Aの特徴、仕様の違いについて

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ