このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年1月21日経営関連

地域農業の発展を通じた地域活性化に向けたみなと銀行、みなとキャピタルとの業務協力について

西日本旅客鉄道株式会社
株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント
株式会社みなと銀行
みなとキャピタル株式会社

 西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)とJR西日本が資本参加している株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント(以下、ファームアライアンス)は、農業の発展による地域の経済・産業振興を目的に、株式会社みなと銀行(以下、みなと銀行)とみなとキャピタル株式会社(以下、みなとキャピタル)と業務協力に関する協定を締結しましたので、お知らせいたします。なお、JR西日本が近畿地区の地方銀行と農業分野における業務協力に関する協定を締結するのは初めてとなります。

詳細

1 協定締結の目的
 JR西日本グループは、「JR西日本グループ中期経営計画2017」において掲げた「地域共生企業」となるべく、地域の産業振興につながり、定住に寄与する事業の一つとして農業に着目しました。平成26年4月に、IT(情報技術)を活用し、生産者の経済性および競争力の向上に資する、生産者に対する国際的認証規格グローバルGAPの取得支援とそれらの農産物の流通ルートへの提供を行うファームアライアンスへ資本参加し、ファームアライアンス事業の普及に取り組んでおります。
 みなと銀行グループは、「地方創生」取り組みの一環として、農林漁業ファンドによる金融支援を通じて、農林漁業の6次産業化や輸出、1次事業者と2次・3次事業者との連携など、同分野に関わる幅広い事業者の支援に注力しています。
 今後、地域振興への取り組み趣旨が一致する4社は、相互の協力関係を強化し、各社のネットワークや情報を有効に活用することで、地方創生に資する地域農業の発展に貢献してまいります。

2 主な業務協力事項
(1)生産者の経済性および競争力の向上を目的とした農業セミナー・商談会の共同開催
(2)生産技術や販路拡大を希望する生産者などの個別紹介
(3)農業への新規参入や農業経営の相談など、生産者支援に係わる連携

3 今後の主な取り組み
(1)生産者などを対象とした農業セミナー・商談会を3月に共同開催
(2)ファームアライアンスによる、みなと銀行とみなとキャピタルに対する農業分野に係わるアドバイザリー活動


 ※注釈 各社の概要などについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 11キロバイト)
 
 業務協力のイメージ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ