このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年1月21日経営関連

JR西日本、ファーム・アライアンス・マネジメント、池田泉州銀行
地域農業の振興を通じた地域活性化に向け、業務協力に関する協定を締結
〜地域創生に資する地域農業の生産性および競争力向上を目指して

西日本旅客鉄道株式会社
株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント
株式会社池田泉州銀行

 本日、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)、JR西日本が資本参加している株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント(以下、ファームアライアンス)および株式会社池田泉州銀行(以下、池田泉州銀行)は、地元地域経済の持続的発展に資する、地域農業の振興を通じた地域活性化に向け「業務協力に関する協定書」を締結しました。なお、JR西日本が近畿の地方銀行と農業分野における業務協力に関する協定を締結するのは初めてとなります。

詳細

1 業務協力の目的
 日本の農林水産業は、高齢化問題や輸出環境・制度の未整備による国際競争力の欠如などさまざまな課題を抱えています。これらの課題を解決するためアベノミクス「『日本再興戦略』改訂2015」では、「世界を惹きつける地域資源で稼ぐ地域社会の実現」をテーマに、農林水産物の輸出促進など「攻めの農林水産業への転換」を掲げています。
 JR西日本グループは、「JR西日本グループ中期経営計画2017」において掲げた「地域共生企業」となることを目指し、平成26年4月にIT(情報技術)を活用し、国際的認証規格であるグローバルGAPの取得支援と、それらの農産物の流通ルートへの提供を行うファームアライアンス事業の普及を行うなどし、地域農業の育成・支援を通じ、地域活性化に注力してまいりました。
 また、池田泉州銀行は、平成12年より産学官ネットワークを活かしたさまざまな「地域起こし」応援活動や、平成23年の堺市との連携協定を皮切りに、現在まで20府市町の地元自治体と連携協定を締結するなど、「地域創生」に取り組んでまいりました。
 このたび、3社は力を合わせ、JR西日本ならびにファームアライアンスが有する「アグリビジネスソリューション」と池田泉州銀行が有する「産学官ネットワーク」や地元自治体との連携協定を活用しながら、地域農業の生産性および競争力の向上に資する取り組みを行い、地域活性化に貢献してまいります。

2 主な業務協力事項
(1)生産者の経済性および競争力の向上を目的とした農業セミナー・商談会の共同開催
(2)生産技術や販路拡大を希望する生産者などの個別紹介
(3)農業への新規参入や農業経営の相談、ファイナンスなど、生産者支援に係わる連携

3 今後の主な取り組み
(1)池田泉州銀行が連携協定を締結する地元自治体と連携した生産者とのビジネスマッチングや商談会、「農業経営の高度化」に関するセミナーや勉強会を共同開催予定
(2)ファームアライアンスによる、池田泉州銀行の行員を対象とした農業融資勉強会を3月に開催


 ※注釈 各社の概要などについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 10キロバイト)
 
 業務協力のイメージ 

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ