このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年11月29日ご報告

呉線 大乗駅 ホームと反対側のドアが開いた事象について

 平成27年11月29日、呉線 大乗駅において、ホームと反対側の列車ドアが開くという事象が発生しました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 平成27年11月29日(日曜日) 午前11時25分ごろ

2 発生場所
 呉線 大乗駅

3 列車名
 普通列車(ワンマン) 広駅(10時26分)発 三原駅(11時49分)行 2両編成
 乗客数:約30名

4 概況
 11月29日午前11時25分ごろ、当該列車の運転士は、大乗駅到着後にホーム側のドア「開」スイッチを操作しましたが、ドアが開かないため、点検を実施中にホームと反対側のドアが開いたため、ホームと反対側のドアを「閉」とするとともに、転落された方がいないことを確認しました。
 なお、当該列車はその後の運転を取りやめ、ご乗車のお客様には後続の列車に乗り換えていただきました。

 ※注釈 すべてのお客様は着座されており、転落の危険性はなく、おけがもありませんでした。
 ※注釈 ホームと反対側のドアが開いていた時間は約1分間です。

5 列車影響
 運休:2本(上り1本、下り1本)
 影響人員:約130名

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ