このページの本文へ移動

ニュースリリース

2015年11月27日
ご報告

山陽線 新山口駅で撤去作業中の仮駅舎からコンクリート片が飛散した事象について

 平成27年11月27日、山陽線 新山口駅で撤去作業中の仮駅舎からコンクリート片が飛散したことが判明しました。ご利用のお客様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 平成27年11月27日(金曜日) 午前9時ごろ

2 落下場所
 山陽線 新山口駅 2番線の線路内

3 概況
 11月27日午前9時ごろ、乗務員より「コンクリート片が飛散し、2番線に停車中の列車に当たった」と報告がありました。
 連絡を受けた駅係員が確認したところ、隣接する1番線の線路内にコンクリート片が落下していることを確認しました。

 ※注釈 お客様のおけがなどはありません。
 ※注釈 列車運行への影響はありません。

4 落下物
 コンクリート片 数個
 大きさ:縦約5センチメートル、横約4センチメートル(最大のもの)
 重さ:約60グラム(最大のもの)

落下物

5 原因
 仮駅舎の解体作業中に、コンクリート片が飛散防止用の養生を越えて飛散したものと推定されます。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択