このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年11月 6日ご報告

北陸線 小松駅 モニター支持柱用ボルトを落下させた事象について

 平成27年11月6日、北陸線 小松駅において、モニター支持柱用ボルトを落下させる事象が発生しました。お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 受報日時
 平成27年11月6日(金曜日) 午後1時12分ごろ

2 落下場所
 北陸線 小松駅 上りホーム

3 概況
 11月6日午後1時12分ごろ、小松駅でグループ会社社員がモニター支持柱撤去作業を行っていたところ、緩めたボルト2本を誤って落下させ、高架下駐車場に駐車していた車を傷つける事象がありました。
 なお、落下したボルトによるお客様のおけがなどはありませんでした。

4 落下物
 ボルト(鋼製)
 大きさ:直径1.9センチメートル、長さ28センチメートル
 重さ:約0.65キログラム
 駐車場から高架天井までの高さ:約7メートル

 落下物


5 原因
 モニター支持柱撤去作業により誤ってボルトを落下させたためです。

6 その他
 列車運行への影響はありません。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ