このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年9月18日ご報告

山陽線 下関駅 出発反応標識用番線標識が落下した事象について

 平成27年9月18日、山陽線 下関駅のホームにおいて、出発反応標識用番線標識が落下したことが判明しました。ご利用のお客様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 受報日時
 平成27年9月18日(金曜日) 午前11時30分ごろ

2 落下場所
 山陽線 下関駅 9番線ホーム

3 概況
 9月18日午前11時30分ごろ、当社グループ会社の社員より下関駅係員に、出発反応標識用番線標識が落下し、7番線と8番線の線路の間に放置されていたと申告がありました。現地を確認したところ、9番線ホームに設置の上り出発反応標識用番線標識が落下し、7番線と8番線の線路の間に落下していることが判明しました。

 ※注釈 落下物によるお客様のおけがなどはありませんでした。

4 落下物
 ・鉄製 
 ・幅:15センチメートル、長さ:20センチメートル、重さ:約0.3キログラム
 ・床から天井までの高さ:約2.35メートル

 出発反応標識用番線標識


5 原因
 強風により取り付けのステンレスバンドが切れたためと思われます。

6 その他
 列車運行への影響はありません。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ