このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年4月16日ご報告

山陰本線 江津都野津駅間 架道橋下の道路にボルトが落下した事象について

 平成27年4月16日、山陰本線 江津(ごうつ)〜都野津(つのづ)駅間の第一新川(だいいちしんかわ)橋りょう付近において、橋りょうからフックボルトが落下したことが判明しました。ご利用のお客様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

 ※注釈 フックボルトとは、橋梁にまくらぎを固定するため橋桁部分とまくらぎを固定する鉄製の部品のことです。

詳細

1 発見日時
 平成27年4月16日(木曜日)午後1時13分ごろ

2 発見場所
 山陰本線 江津〜都野津駅間 第一新川橋りょう付近

3 概況
 4月16日午後1時13分ごろ、第一新川橋りょう付近をご通行中の方より米子支社お客様案内センターに、「山陰本線 江津〜都野津駅間『第一新川橋梁』(地上から高さ約3メートル)下の道路に金具のようなものが落ちている」とご申告があったため、同区間で列車の運転を見合わせて、社員が徒歩巡回により点検を行いました。点検の結果、橋りょうにまくらぎを固定する「フックボルト」(鉄製)が架道橋下の市道に落下したことが確認されましたが、列車の運転には支障がないことから午後1時36分に運転を再開しました。
 なお、この影響による列車の遅延はありません。
 ※注釈 付近をご通行中の方や車両などにけが・損傷などはありませんでした。

4 落下物について
 寸法:長さ約40センチメートル
 重さ:約3キログラム 1個

イメージ

5 原因
 経年により、列車通過時の振動でナットが緩んで外れたためです。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ