このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年8月30日イベント・キャンペーン関連

「秋田デスティネーションキャンペーン」の開催について

JRグループ

 2013年10月1日から3カ月間開催する「秋田デスティネーションキャンペーン」(以下、秋田DC)では、秋田が大切に守り、育ててきた豊かな「自然」「食」「温泉」などをテーマに、各エリアの秀逸な素材を活かした旅を全国の皆さまに提案します。秋田ならではのこだわりの温泉や、「きりたんぽ鍋」「稲庭うどん」などの食、色鮮やかな紅葉で皆さまをお待ちしております。
 また、今回のDCに合わせ、9月28日に秋田県立美術館が本オープンを迎えます。世界的建築家の安藤忠雄氏が設計した建物は、随所に秋田の魅力が施されています。メイン展示となる、藤田嗣治氏が描いた巨大壁画「秋田の行事」は門外不出の名作であり、ここでなければ見ることのできない作品です。ぜひ、この機会に秋田にお出かけください。
 「スーパーこまち」の増備によりますます快適になる秋田新幹線をご利用いただき、全国の皆さまにお越しいただくよう、開催地域が一体となった「おもてなし」でお迎えいたします。

詳細

1 キャンペーン期間
 2013年10月1日(火曜日)から12月31日(火曜日)

2 開催地域
 秋田県全域、青森県弘前市、深浦町、鰺ヶ沢町、岩手県雫石町

3 キャッチコピー・ロゴマーク 「あきたにしました。」
 あきたにしました。
 「あきたにしました。」つぶやきのようなキャッチフレーズとともに人々が、秋田にぞくぞくと向かう様子をデザインしました。秋田の自然・温泉・ふれあいをモチーフとしたキャラクターで、「ふと行きたくなる秋田の魅力」をシンボル化しています。

4 キャンペーンマスコット
 秋田県マスコット「スギッチ」
 秋田県マスコット「スギッチ」です。「スギッチ」は日本三大美林の1つ、秋田杉をイメージしたキャラクターです。2007年秋田わか杉国体で採用されたキャラクターで、広く県民に親しまれています。

5 キャンペーンガイドブックの掲出
 ガイドブック秋田
 各エリアの観光情報やキャンペーン期間中に開催されるイベント情報などを掲載したキャンペーンガイドブックを、全国のJRの主要駅や旅行会社窓口などで配布いたします。

6 キャンペーン期間中、「自然」「食」「温泉」「まごころ」でおもてなしをいたします
 (1)自然
 四季折々に色鮮やかな秋田の自然、例年10月中旬ごろから各地で紅葉の見ごろを迎えます。
 抱返り渓谷 法体の滝 元滝伏流水 玉川温泉

 (2)食
 秋の深まりとともに美味しさを増す「秋田の食」。とれたての新米で調理する「きりたんぽ鍋」などをご賞味ください。
 きりたんぽ鍋 稲庭うどん 石焼き料理 しょっつる鍋 横手焼きそば

 (3)温泉
 秋田ならではのこだわりの温泉、秘湯が全県に広がります。
 鶴の湯温泉露天風呂 蟹場温泉露天風呂 奥山旅館露天風呂 鷹の湯温泉露天風呂

 (4)まごころ
 「秋田おもてなしSTAFF」は、現在、595団体43,986名が登録しています。(2013年8月28日現在)
 秋田を訪れるお客さまを笑顔とまごころでお迎えいたします。
 秋田おもてなしSTAFF

 (5)秋田の新たな魅力
 秋田ならではの芸術作品や生活文化を体験してください。
 秋田県立美術館 増田の内蔵

7 イベント列車の運転
 東北ゆかりの蒸気機関車 C61で運転する「SL秋田こまち号」をはじめ、「本場大館きりたんぽまつり」に合わせた「大館きりたんぽ号」など、地域イベントや紅葉に合わせ各地で魅力ある臨時列車を運転いたします。

 ○湯沢で開催される「全国まるごとうどんエキスポ2013in秋田・湯沢」にあわせて臨時列車を運転します。
 うどんEXPO号

 ○秋田DCにあわせて、奥羽本線でSLを運転します。
 SL秋田こまち号

 ○大館樹海ドームで開催される「第41回本場大館きりたんぽまつり」にあわせて臨時列車を運転します。
 大館きりたんぽ号

 ○地域の自慢の食を堪能していただく臨時列車を運転します。
 秋田の食満喫号

 ○紅葉の季節に、角館〜弘前駅間で秋田内陸縦貫線経由の直通列車、「森吉山麓紅葉号」を運転します。
 森吉山麓紅葉号

 ○白神山地が世界自然遺産登録20周年を迎えることを記念し、臨時列車を運転します。
 白神20周年記念号

 ○鳥海山を眺めながらぐるっと1周(奥羽本線、陸羽西線、羽越本線)する臨時列車を運転します。
 ぐるっと鳥海号

 ○増田の内蔵を楽しんでいただく臨時列車を運転します。
 増田の蔵号

 ○老舗の酒蔵見学などをお楽しみいただく臨時列車を運転します。
 飛良泉号

8 二次交通の整備
 「びゅうばす」「こまち蔵しっく号」「男鹿半島定期観光バス」などの周遊型のバスを設定し、効率よく秋田の観光スポットをまわっていただけるほか、手軽でおトクなタクシープラン「駅から観タクン」も設定します。

 (1)観光周遊バス
 ・「びゅうばす」 田沢湖・角館を中心に3コース設定
 ・「こまち蔵しっく号」 角館を起点に秋田県南エリアをめぐるコースを設定
 ・「男鹿半島定期観光バス」 男鹿半島の見どころをめぐるコースを設定

 (2)駅から観タクン
 ・大館駅 3コース
 ・弘前駅 6コース
 駅から観タクン

9 宣伝展開
 全国の皆さまに秋田の魅力をお伝えするため、駅や列車へのポスターの掲出をはじめ、テレビCMなどさまざまな宣伝を展開します。
 (1)秋田県観光キャンペーン推進協議会が制作した5連貼りポスター。
 全国の主な駅に掲出(9月1日から30日)
 5連貼りポスター

 (2)JR6社制作ポスターについて
 JR6社制作ポスター

10 キリンビバレッジ株式会社によるドリンク協賛
 JRの駅の「みどりの窓口」「旅行センター」または主な旅行会社で、DC開催地域を目的地とするきっぷ、または旅行商品などを購入するともらえる引換券つきの専用乗車券袋を、「引換店」表示のあるNEWDAYS・KIOSK(乗車券袋に記載)にお持ちいただくと、引換券1枚につき、指定のドリンク1本と交換いたします。ただし、JR東日本エリアでは「びゅうプラザ」「提携販売店」などで、旅行商品などを購入された方のみ対象となります。

 ※注釈 引換場所などは乗車券袋の記載をご確認ください。
 ※注釈 引換期間は2013年10月1日(火曜日)から12月31日(火曜日)
 ※注釈 乗車券袋は数に限りがございます。なくなり次第終了とさせていただきます。
 無料引換券
 ※注釈 画像はイメージとなります。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ