このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年3月19日ご報告

呉線 作業中にトンネル内部を支障した事象について

詳細

1 受報日時
 平成24年3月19日(月曜日)午前9時14分頃

2 場所
 呉線 小屋浦〜水尻駅間 小屋トンネル
 
3 概況
 午前9時14分頃、上記トンネル上部でコンクリートの斜面を安定させる作業中、ドリルの先端がトンネル内部を支障したと、作業責任者から広島総合指令所に連絡がありました。
 連絡を受けた指令員は、直ちに広〜海田市駅間の上下列車の運転を見合わせ、現地に社員を派遣しました。その後、支障したドリルの先端を切り取ってトンネル内部を補修し、トンネル内の安全が確認できたため、午後0時12分に運転を再開しました。

 ※注釈 ご乗車のお客様にお怪我はありません。
 ※注釈 復旧作業、およびトンネル点検のためご利用のお客様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

4 列車影響
 <運休>19本(上り 9本、下り 10本)
 <遅れ>6本(上り 3本、下り  3本)
 遅れ 183分から38分
 影響人員  約3,000人

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ