JR西日本

寄生虫が付きにくく安心して生食できるサクラマス。鮮やかなオレンジ色の身は臭みもなく、上品な脂がのり、あっさりとお召し上がりいただけます。

べっ嬪さくらますうらら

べっ嬪さくらます うららは富山県の射水市でうまれました。市内を流れる庄川の伏流水と富山湾の水深100mから汲み上げた海水を使い、陸上養殖することで寄生虫が付きにくく、安心して生でお召し上がりいただけます。

富山県射水市
ネーミングの由来
希少性が高く生食できる「特別品」であり、綺麗な水の中でその「美しさ」に磨きをかけて育ったことから
「べっ嬪さくらます」と名付けました。
また、大切に育てられ立派に成長して晴れ舞台を迎える姿が、
「春」を連想させる「うらら」という言葉に重なることから愛称としています。

べっ嬪さくらますうららが食べられるお店

※販売期間は店舗によって異なります。詳しくは取扱店舗までお問い合わせください。

VOICE

株式会社五万石千里山荘 店舗運営部 料理長:林 秀樹
株式会社五万石千里山荘店舗運営部 料理長:林 秀樹
きめこまやかな身で、上品な舌触りのマスです。寄生虫がつきにくい環境で育ったマスであることから生食も可能で、マスの素材そのものの味をお楽しみいただけます。

生産者の声

堀岡養殖漁業協同組合 参事:林 宏育
堀岡養殖漁業協同組合参事:林 宏育
富山湾水深100mから汲み上げた綺麗な海水を完全陸上養殖で手塩にかけて育てました。安心安全な「べっ嬪さくらます うらら」をどうぞご賞味下さい。

べっ嬪さくらます うららの加工食品

べっ嬪さくらます うららができるまで

漁獲量が少なく希少性が高いことから幻の魚と呼ばれるサクラマス。
昔から「ます寿司」などでなじみの深い富山県射水市で陸上養殖が推進されており、
射水市と連携して地域活性化に取り組むJR西日本が
「べっ嬪さくらます うらら」というブランドでプロデュースしています。

JR西日本グループは、高付加価値サクラマスを富山県の新たな地域産品に育て、
サクラマスの陸上養殖を推進して地域活性化に貢献することを目指しています。

 

関西

ホテルグランヴィア京都

販売期間:4月中旬頃~6月末頃まで

さかなやのmaru寿司

販売期間:4月1日(日)〜4月30日(月・祝)

石井食品株式会社
サクラマスの寿司めしの素・まぜごはんの素・
オリーブオイルコンフィ

富山