内部サイトリンク 新規ウインドウで開きます。西日本旅客鉄道株式会社

広報だより「トレナビ」鉄道ファンの皆様へ旬な情報をお届け♪

その他の最近のブログ記事

3月18日(土)神戸エリアの駅社員と、公益法人関西盲導犬協会に所属する盲導犬をご利用のお客さま・指導員が参加し、合同の勉強会を開催しました。

盲導犬をご利用のお客さま・指導員合同勉強会1

“盲導犬をご利用のお客さまと合同勉強会を開催!”の続きを読む

こんにちは。今日はマナーキャンペーンの話です。
JR西日本では、今年もマナー向上への取り組みを続けています。

ところで、近年、歩きスマホが社会的な問題になっていますよね。特にホームでは、前を見て歩かないと大変危険です。

今回、ポスターを制作するときに考えたのは“そもそも下を向いてスマホを見ている人が、どうしたら顔を上げていただけるか”ということ。
そこで、女優の駒井蓮さんの笑顔いっぱいのポスターを制作。

ポスター

“歩きスマホをしている人にどうやったら駅のポスターを見てもらえるのか、考えて作りました。”の続きを読む

石川県と富山県の鉄道を、もっと便利にご利用いただくために。
きっぷを買わずに、タッチするだけで自動改札機をスムーズに通れるICカード乗車券「ICOCA」サービスのご利用可能エリアを拡大します。

4月15日(土)の始発列車から、JR北陸本線(大聖寺駅〜金沢駅間)とIRいしかわ鉄道線(金沢駅〜倶利伽羅駅間)、JR城端線(高岡駅〜新高岡駅間)の各駅でもご利用いただけるようになります!

ポスター

“利用エリア拡大!ICOCAで北陸へ。”の続きを読む

その他

もしものときも備えています。

当社では、あらゆるケースを想定し、各エリアで定期的に災害などに対応した訓練を実施しています。

目的は、人命最優先の考えのもと、お客さまの救護や設備の復旧をより安全に、かつ迅速にできるよう、実務能力の向上とあわせて駅係員、乗務員、保守を担当する係員それぞれの動きやお互いの連携の確認を重ねていくこと。
警察や消防、時には地域の医療機関などとも連携し、本格的な訓練を行っています。

今回は、「兵庫県播磨灘海域を震源とする巨大地震が発生、走行中のこだま号が停止した」という想定のもと、2回の訓練を行いました。
第1回は昨年12月16日深夜にお客さま救護を中心に、第2回は2月3日に列車運行の復旧を中心に実施しました。

訓練前の様子

“もしものときも備えています。”の続きを読む

「ここでしか買えないお土産」をコンセプトに、JR西日本、ジェイアール西日本フードサービスネット、中川政七商店の3社でお届けする「走る日本市」プロジェクト。
地域の特性を活かした商品を、期間限定で山陽新幹線車内(新大阪駅〜博多駅)にて販売しています。

第3弾となる「山陰」編では、鳥取県と島根県のものづくりの魅力が詰まったオリジナルアイテムが登場!

「走る日本市」プロジェクト「山陰(鳥取・島根)」編

“「走る日本市」プロジェクト「山陰(鳥取・島根)」編を実施中!”の続きを読む

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

最近のエントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

このページの先頭へ

Copyright© WEST JAPAN RAILWAY COMPANY all rights reserved.このサイトに掲載されている情報はJR西日本が提供しております。