内部サイトリンク 新規ウインドウで開きます。西日本旅客鉄道株式会社

山陽新幹線にご乗車の際に、車内販売を見かけたことはありますか?

JR西日本とジェイアール西日本フードサービスネット、中川政七商店のコラボで2015年から大好評の山陽新幹線「走る日本市」。地域工芸品を中心に各地域にちなんだオリジナルアイテムを、地域メーカーとともに開発し、山陽新幹線車内で販売しています。

今回は「大阪・兵庫」編が登場。

ロゴ

“山陽新幹線の車内販売「走る日本市」プロジェクト、「大阪・兵庫」編がスタート!”の続きを読む

お身体の不自由な方、ご高齢の方など、すべてのお客さまに安心して鉄道をご利用していただきたい、これは鉄道事業者共通の願いです。
日頃から社員・職員から、積極的にお困りのお客さまにお声かけをしていくよう努めています。

また、お客さま同士でもお困りの方がいらっしゃったら、お声をかけていただけるようご協力をお願いする「声かけ・サポート」運動に取り組んでいます。関西の鉄道事業者が一体となって共通ポスターでPR!

ポスター

“関西の鉄道事業者20社局が「声かけ・サポート」のご協力を呼びかけます。”の続きを読む

織田信長ゆかりの安土城。歴史ドラマでも時折出てきますよね。
滋賀県近江八幡市には今なお安土城の城跡が残っています。

多くの人でにぎわう安土駅では、2014 年から駅改良工事を行い、昨年11月に橋上駅舎と自由通路が利用開始になりました。
駅舎には、安土城天主を模した八角形の朱色の上屋が誕生。

安土駅1

“安土駅橋上駅舎と自由通路が利用開始!安土城天主風に。”の続きを読む

出張や旅行で特急や新幹線に乗る場合、時間に余裕を持ってホームに向かわれるお客さまが多いと思います。
いつもの通勤電車とは感覚が少し違いますよね。

大阪と金沢方面を結ぶ特急サンダーバードが停車する小松駅では、ホームに待合室を設置。
いつでもホームで快適にお待ちいただけるようになりました。

小松駅ホーム待合室1

“これで待ち時間も快適に。小松駅ホームに待合室を設置しました。”の続きを読む

最近、ちょっと耳にする「サービス介助士」ってご存知ですか?

公益財団法人日本ケアフィット共育機構が認定する民間資格で、高齢の方やお身体の不自由な方等が、安心して社会参加できる環境を整えるために、「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を学ぶ資格です。

昨年12月時点で、14万8千人が取得しています。

サービス介助士(イメージ)

“おもてなしの心や安心を見えるカタチに。「サービス介助士バッジ」を導入。”の続きを読む

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

人気のある記事

最近のエントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

このページの先頭へ

Copyright© WEST JAPAN RAILWAY COMPANY all rights reserved.このサイトに掲載されている情報はJR西日本が提供しております。