内部サイトリンク 新規ウインドウで開きます。西日本旅客鉄道株式会社

広報だより「トレナビ」鉄道ファンの皆様へ旬な情報をお届け♪

その他

山陽新幹線 冬のつらら対策

寒さの厳しい時期ですね。このように冷え込みが厳しくなると、高架橋の継ぎ目などから染み出した雨水が凍結して、つららができることがあります。

冬になると発生するつらら

つららは、気温が上がってくると溶けて高架下に落下する恐れがありますので、つららができやすいところには、雨水を受ける樋をあらかじめ取り付けておき、つららができないように対策を実施している箇所があります。

雨水を受ける樋を設置

また、もし、つららができているという情報が入った時には、高所作業車を使用して、つららを取り除く作業を行っています。

高所作業車を利用して、つららを取り除く

鉄道をご利用いただくお客さまはもちろんのこと、高架橋など鉄道施設の周辺にお住まいの皆さまにも安心してお過ごしいただけるよう、日々の安全、安定輸送と、冬ならでは対策にも取り組んでいます。



マナーって思いやり。

最新の記事一覧へ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

人気のある記事

最近のエントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

このページの先頭へ

Copyright© WEST JAPAN RAILWAY COMPANY all rights reserved.このサイトに掲載されている情報はJR西日本が提供しております。