内部サイトリンク 新規ウインドウで開きます。西日本旅客鉄道株式会社

広報だより「トレナビ」鉄道ファンの皆様へ旬な情報をお届け♪

駅・列車

車両状態監視装置のチェックでより安全に〜福知山エリア〜

JR西日本では、電車の屋根上や電気を集電するパンタグラフ、車輪の形や傷の状態を一度にチェックできる「車両状態監視装置」を福知山エリアに導入しました。

「車両状態監視装置」を通過する電車

この装置についているカメラやセンサー部分を電車が通過することで、自動的に屋根上の状態、架線から電気を集電するパンタグラフ、車輪の状態を測定・記録することができます。

「車両状態監視装置」(イメージ)

「車両状態監視装置」の機器

一度に多くの箇所をチェックできるので、これまで以上に電車の状態を安全に早く確認することができるようになりました。今後、西日本エリア内に導入を進めていく予定です。

お客さまに安心してご利用いただけるよう、これからも安全性向上に取り組んでまいります。


マナーって思いやり。

最新の記事一覧へ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

人気のある記事

最近のエントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

このページの先頭へ

Copyright© WEST JAPAN RAILWAY COMPANY all rights reserved.このサイトに掲載されている情報はJR西日本が提供しております。